住宅ローンの「保証料」って一体何? その役割と落とし穴とは?

住宅ローンの「保証料」って一体何? その役割と落とし穴とは?
マイホーム・住宅ローン

夢のマイホームをゲットして多くの人が驚くのが、住宅ローンの保証料の金額。「こんなに大きいの!?」と目を見張った人も多いのでは?住宅ローンの保証料はどのような役割を担っているのか、また、なぜこんなに高額になるのでしょうか。その理由を解説します!

「住宅ローンの保証料」とは?

住宅ローンの「保証料」って一体何? その役割と落とし穴とは?

住宅ローンの保証料とは、住宅の購入者が万一、住宅ローンを返済できなくなった時、残りを保証会社に代わりに支払ってもらうために払うお金です。つまり、住宅ローンの「連帯保証人」の役割を保証会社に代わりに負ってもらうための費用ということです。

なぜ「保証料」が必要なの?

住宅ローンの「保証料」って一体何? その役割と落とし穴とは?

住宅ローンはほかのローンよりも借り入れが多額で返済が長期に及びます。一般的なローンであれば連帯保証人を見つけやすいかと思いますが、住宅ローンとなるとなかなか見つけられないのが現実。そのため、専門の保証会社に保証料を払って代わりをしてもらう必要があるのです。必然的に保証料が高額になってしまうのも、住宅ローンの特徴上仕方のないことなのですね。

知らなかった! 保証料の「勘違い」

住宅ローンの「保証料」って一体何? その役割と落とし穴とは?

万一、ローンの返済ができなくなった時、保証料を払えば保証会社が代わりに払ってくれることになりますが、これを「ローンの返済が免除される」と思っている方が多いようです。でも実は、それは勘違いなのです!

保証料を払っても返済が免除されるわけではない!

住宅ローンの「保証料」って一体何? その役割と落とし穴とは?

返済不能になった住宅購入者の代わりに残りの額を支払った保証会社は住宅購入者のもとに資金を回収しに来ます。ここでお金が用意できない場合、住宅を処分して返済することを求められる場合もあります。つまり、保証料を払って保証会社に肩代わりしてもらったとしても、どちらにせよローンは自分で返さなければならないということ!

役割を知って計画的に返済しよう

住宅ローンの「保証料」って一体何? その役割と落とし穴とは?

保証料は住宅ローンの返済に欠かせないものですが、すべて面倒を見てくれるというわけではありません。計画的にプランを組んで、賢く返済していきましょうね!

moneliy編集部

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事