週末におススメ!お得に楽しめるバスツアー×工場見学

ライフ

工場見学と聞くと、社会科見学=お勉強をイメージされる方も多いと思います。しかし、モノ造りの現場をナマでみることができる工場見学は、学べる上におトクなことをご存知でしょうか?
人気がある工場の場合、なかなか予約が取れないこともありますが、バスツアーにすれば、ツアーに含まれているので、確実に行くことができて安心です。
今回は、工場見学ができるバスツアーをご紹介します。

■筆者が選ぶ!おトクなバスツアー×工場見学3選

〇「こんにゃくパーク」こんにゃくバイキングに手作り体験ができる!
群馬県のこんにゃくパークでは、こんにゃくの製造過程を見学できるだけでなく、こんにゃくの歴史や雑学を学ぶことができます。製造ラインの稼動は月~金曜日ですが、機械が稼動していない時はパネルと映像で楽しめます。

予約制の手作りこんにゃくゼリーフルーツ体験コースは、大人は800円(税込)、子供400円(同)で、フルーツをトッピングした自分好みのゼリーを作れて、持ち帰ることができます。また、手作り体験をした人には、人気のこんにゃくバイキングに並ばず優先的に入場できる特典がついています。

こんにゃくバイキングでは、惣菜からスイーツまで様々なこんにゃくを使った料理がそろっています。しかも、なんと無料です。食べ過ぎてもこんにゃくならローカロリーですから、お財布にも身体にも優しいですね。
また、こんにゃくやゼリーの詰め放題は500円(税別)で挑戦できます。詰め放題のルールは、ビニール袋からこぼれなければセーフというシンプルなもので、1個100円はするゼリーを10個近く袋に詰められる人もいるんだとか。
バスツアーだと、お土産が重くなってもバスが運んでくれるので安心です。

こんにゃくパーク
群馬県甘楽郡甘楽町小幡204‐1 TEL. 0274-60-4100
営業時間 9:00~18:00(最終受付17:00)
入場料 無料(予約不要) 手作り体験は有料、予約制
公式サイト http://konnyaku-park.com/

〇「桔梗信玄餅工場テーマパーク」人気の桔梗信玄餅の詰め放題が楽しめる!
50年以上の歴史がある桔梗信玄餅は、お餅ときな粉と黒蜜の絶妙なバランスでほっとする懐かしい味です。桔梗信玄餅工場では、お餅が作られて包装されるまでの流れを見学することができます。製造工程の最後の包装は、創業当初と変わらず手作業でされており、熟練の技には感心することでしょう。

1回220円(税込)でできる詰め放題では、指定の袋に好きなだけ、桔梗信玄餅など人気のお菓子を詰めることができます。1人平均15個以上は詰められるということですが、桔梗信玄餅は10個箱入りで1711円(税込)ですので、かなりおトクですね。詰め放題では、入れる袋が破けてしまったり、袋を閉じきれない場合はやり直しになってしまいます。袋の扱いには注意しましょう。
詰め放題は人気が高く、整理券を求めて朝早くから順番待ちする必要がありますが、バスツアーだと、ツアーに含まれるので、並ばなくても詰め放題ができるのがメリットです。

桔梗信玄餅工場テーマパーク
山梨県笛吹市一宮町坪井1928 TEL. 0553-47-3700
営業時間 9:00~17:00(見学は9:00~16:00)
入場料 無料(予約不要)
公式サイト http://themepark.kikyouya.co.jp/info/

〇「アサヒビール工場」ビール好きにはたまらない!
ビールの原材料からビールができるまでのこだわりを学べます。工場で作られるビールの製造過程を見学でき、最後にはビールの試飲(1人3杯まで)が楽しめます。工場で作られたできたてのビールを飲めるので、その味も格別でしょう。ビールが苦手だという方には、ソフトドリンクが用意されています。
みんなで飲めるというのも、バスツアーならではの楽しみの一つです。

また、ビール好きの方のために、ビールのおいしい注ぎ方のレクチャーもあります。いつもの缶ビールがさらにおいしくなる豆知識を、ぜひゲットしてください。

アサヒビール神奈川工場
神奈川県南足柄市怒田1223 TEL.0465-72-6270
営業時間(見学は9:30~15:00)
入場料 無料(予約制)
公式サイト https://www.asahibeer.co.jp/brewery/
※アサヒビール工場は、北海道、福島、茨城、名古屋、吹田、四国、博多にもあります

■バスツアー×工場見学の注意点

バスツアーでは、知らない他人同士が同じ時間を過ごします。気持ちよくツアーを利用するため、時間のルールは守るようにしましょう。集合時間を守らないと全体のスケジュールに影響してしまいますし、自由時間も限られています。団体行動だということを忘れず、ルールを守って行動しましょう。

■まとめ

バスツアーは旅行会社各社で取り扱われています。工場見学と合わせて果物狩りなど他の観光スポットを組み合わせたツアーがいろいろあります。
費用は東京発着日帰りで8000円(時期により変動)くらいが多いようです。

自分で企画して行く場合、目的地までの交通費や昼食代などの諸経費、タイムスケジュールの管理まで必要なことを考えると、ツアーの利用は楽ちんでリーズナブルだと思います。
学びも体験できるのがバスツアー×工場見学を試してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!
週末にもオススメ!1万円で大満足できるプチ旅行3選
夏の思い出はお得な高機能カメラで綺麗に残しませんか?
旅行の荷造りの仕方でわかる こんな人はお金がたまらない!
今年はどこに行く?国内旅行に使う費用の目安

山田 香織

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、産業カウンセラー。 FP歴9年。会計事務所で11年間、経営・税務相談業務を経験した後、FP事務所を開業。 個人から...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事