マネー初心者でもわかる!地方債ってなに?

公社債

公的機関が発行する債券を「公共債」といいます。そのうち国が発行するのが「国債」、政府関係機関が発行するのが「政府関係機関債」、都道府県や市町村が発行するのが「地方債」です。今回は「地方債」を解説します。

地方債の特徴と種類

債券とは、借りた機関が発行する「借用証書」です。額面(借りた金額)・利率(利息)・償還期限(満期)が記載されていて、満期まで持っていれば、借りた金額が返済されます。
その中でも地方債は、(東京)都債や○○県債、○○市債など自治体が発行するため、自分が貸したお金がどの地域の、どのような公共事業のために使用されるかがわかります。また、貸す相手が自治体なので国債に次いで安心感もあります。
地方債には「共同債」「個別債」「住民参加型地方債」の3種類があります。共同債は複数の地方自治体が共同でひとつの債券として発行するものです。個別債は一般的な地方債ということができ、各自治体が個別に発行しているものです。住民参加型地方債は、集まったお金を何に使うかを明確にして募集するものです。

リスクと注意点

同じ公共債である個人向け国債との大きな違いは、途中で換金したいと思ったときの買い取りの仕組みがないことです。金融機関で買い取ってもらえる可能性はありますが、借りた金額より安くなってしまうリスクが大きいため、地方債を持つなら満期まで持つ覚悟がより重要となります。
万が一自治体が財政破たんした場合、借りた金額の返済がない、利息の支払いがないまたは遅れるなどの信用リスクもあります。

活用のポイント

一般的に国債よりも利率は高くなっています。また地方債同士でも、自治体の財政状況によって利率は異なります。財政状況の良い自治体は低く、悪い自治体は高い利率となっています。
国債、地方債は少額公債非課税制度(特別マル優)の対象なので、一般の少額貯蓄非課税制度(マル優)とは別枠で元本350万円までの利息に対して非課税の恩恵を受けることができます。遺族年金を受けている妻、身体障害者手帳の交付を受けている人などは、優先的に選択肢に入れたい商品です。

まとめ

地方債は、一般的に自治体の規模の大きさに比例して発行頻度が変わります。規模の小さい自治体なら年1回~数回しか発行しない自治体もあります。自分が投資したお金で、地元や故郷の道路や橋などが整備されたと思うと嬉しいですよね。また、「県立学校の整備のため」など、お金の使い道を明確にして発行している地方債もあります。

あまり馴染みのない「地方債」ですが、この機会に気になる自治体やその地元金融機関、または「一般財団法人地方債協会」のサイトなどでぜひ調べてみてはいかがでしょう。

小野 みゆき

5,447 views

中高年女性のお金のホームドクター 社会保険労務士・CFP・1級DCプランナー・年金マスター 企業で労務、健康・厚生年金保険手続き業務を経験した後、司法書士事...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事