初心者におすすめの資産運用とは?資産運用のメリットや注意点も紹介!

マネーケア

初心者が資産運用を始める場合は、気軽に始めることができ、リスクの少ないものを選びたいものです。

資産運用というと、ある程度の知識やまとまった資金が必要になるイメージがありますが、実際は初心者でも簡単に始められるものや、少額からでも運用できるものもたくさんあります。
将来のために「そろそろ資産運用を始めたい…」と思ったら、まずは気軽に始められるものからチャレンジしてみるといいでしょう。

そこで今回は、資産運用のメリットや注意点などを解説しながら、初心者におすすめの資産運用をご紹介していきます。

資産運用の概要について

まず、「資産運用とは、そもそも何か」ということから整理していきます。「資産運用に興味はあるけれど、実際のところはよくわかっていない…」という人は、まず資産運用の概念や必要性について理解を深めておきましょう。

そもそも資産運用って何?

資産運用とは、持っている資産を運用して資産を増やすことです。ここで言う資産には、現金だけでなく不動産や株なども含まれます。

定期貯金などの場合、銀行にお金を預けておけば、少額ではありますが金利によって利益を得ることができます。「ただ預けておくだけ」ですが、実は預金も立派な資産運用の一つです。金利の高い銀行に長期的にお金を預けておけば、預けておくだけで金利によって預金を増やすことができます。

その他のわかりやすい例としては、企業の株を売買して利益を得る株式投資や、住宅や土地などを購入して賃料を得ていく不動産投資なども資産運用になります。

資産運用の必要性

そもそも、資産運用をする必要はあるのでしょうか。
資産運用が必要な理由としては、主に以下が挙げられます。

・インフレーションに対応するため
・銀行貯金の金利が現代は低いため
・老後や子供の教育費など、将来に向けてお金を増やすため

資産運用は絶対にしなければならないものではありません。しかし、持っている現金を銀行に預けたままにしておくと、インフレが起こったときに目減りしてしまう可能性があります。
インフレが起こるとお金の価値が下がるため、実質的に資産が目減りしてしまいます。一方で資金を元手として資産運用を行っていれば、インフレに合わせてお金を増やしていくことができます。

また、現代は銀行貯金の金利が低いということも資産運用が必要な理由として挙げられます。「老後に2,000万円が必要になる」と言われる時代ですが、「お金を銀行に預けていれば安心」と言えるほど、現在の金利は高くありません。1980年には約6.0%ほどだった金利も、現代は0.3%ほどです。
さらに、高齢社会の現代においては、「老後に本当に年金をもらえるのか?」という不安がある方も多くいます。少しずつでも資産を運用しておいたほうが、将来の安心につながるでしょう。

NEXT:「資産運用のメリット」

C・M

ライター歴4年、フリーランスのWEBライター。 恋愛テクニックやノウハウ、さらにデートスポット、飲食店等の店舗紹介をします。

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事