女性の恋煩いってどんな症状?その対処法とは

恋愛

好きな人ができて、とても苦しい気持ちになり、「これって恋煩いなのかも…」と感じたことはありませんか。

女性の恋煩いには、さまざまな症状があります。重度の恋煩いだと、日常生活に支障をきたす可能性もあります。

そこで今回は、女性の恋煩いの症状について解説します。あわせて苦しい時の対処法もご紹介しますので、恋煩いでどうすれば良いのか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

恋煩いとは?

恋煩いとは、誰かを好きなあまり、その人のことを想うだけでつらくなってしまう症状のことです。恋煩いになった人の中には、物事に集中できなくなる人や、体調を崩してしまう人まで存在します。

「恋の病」という言葉があるように、恋煩いに悩まされるのは誰にでもあることです。しかし、悩めば悩むほどつらくなるとわかっていながらも、考えないようにするのは容易いことではありません。恋愛感情はなかなか自分自身でもコントロールできるものではないのです。男性でも恋煩いに悩まされる人はたくさんいて、性別を問わず頭を悩ませる症状と言えます。

女性の恋煩いの特徴

では実際に、恋煩いになると女性はどんな症状に悩まされることになるのか、その傾向を見ていきましょう。

食生活が乱れる

女性は恋煩いになると、まず食生活が乱れてしまうことが多いです。

・食欲がなくなる/増える

・間食が増える

・空腹感はあるのに食べる気力がなくなる

など、食生活が大きく変わり困ってしまうことがよくあります。

これは好きな人のことをずっと考えていて、食べる意欲が湧かなくなってしまうからです。反対に、好きな人に会いたい、でも会えない…というストレスを紛らわせるために、普段より食事・間食を増やしてしまうパターンもあります。

食生活が乱れれば、当然、栄養バランスも崩れてしまいます。そのせいで体調を崩しやすくなり、体型にまで影響が及ぶ場合も少なくありません。

夜もなかなか眠れなくなる

恋煩いになると、夜もなかなか眠れなくなってしまうことが多くなります。

眠りが浅くいため長時間続けて寝ることが難しくなったり、眠りについたとしてもすぐに起きてしまったり、疲れが取れなかったりなどといったことが起きます。

これは、好きな相手のことを考えていて、寝ることに集中できないことが原因で起こります。常に気持ちが緊張状態にあるため、落ち着くことができず、眠りの妨げになっているのでしょう。

感情のアップダウンが激しくなる

恋煩いになると、感情の起伏が激しくなり、情緒不安定になってしまいます。

恋愛映画や恋愛ソングなど、感情移入しやすいものに触れるとすぐに泣いてしまうこともあります。反対に、好きな人と少し話ができただけで舞い上がり、ハイテンションになってしまうことも多くなります。このように、恋煩いになると本人でもなかなか感情をコントロールできなくなるのが特徴です。

これも好きな人のことを常に想っているからです。会いたい、気持ちが通じない、どうすれば結ばれるのかなど、ひたすら相手のことばかり考えているため、気持ちが揺れやすくなっているのです。女性は特に、男性と比べて感情的になりやすいところがあります。そのため恋煩いの症状が出ている時は、ちょっとしたことでも傷つきやすい、ナイーブな状態になります。

女性の恋煩いの対処法

では、そんな恋煩いの症状に悩まされた時は、どうやって解決したら良いのでしょうか?ここからは、女性の恋煩いの対処法について解説します。

仕事に集中する

恋煩いに効く薬はありません。そのため、「相手を想う苦しみから気をそらす」ことが大切になってきます。

一番効果的なのは、仕事に集中することです。

仕事なら他の人ともコミュニケーションを取って協力しなければいけませんし、嫌でも恋煩いから気をそらすことができます。もし仕事で結果を残せれば自分に自信が持てるため、ポジティブな考え方ができるようになるでしょう。恋煩いで苦しいと思ったら、まずは仕事に打ち込み、相手のことばかり考えない状況をつくりましょう。

友達との時間を増やす

一人でいると、好きな人のことばかり考えてしまいとてもつらいものです。誰かに思考を邪魔されることもないため、女性は一人でいればいるほど恋煩いに悩まされがちです。

そのため友達との時間を増やし、一人でいる時間をなるべく減らしていくことが大事です。恋についての悩みがあるなら、一人で抱えこまず友達を頼ってみてください。相談することで、自分の気持ちを整理しやすくなりますよ。

自分の趣味をつくる

趣味に没頭して、恋煩いの症状から抜け出すことも大事です。たとえば以下のようなことに夢中になると、ポジティブな気持ちを取り戻しやすくなります。

・気持ちが落ち込まないような明るい恋愛映画を見る

・ギャグ系・ほのぼの系の小説を読む

・料理に没頭する

自分の趣味をつくってそのことに集中すれば、気持ちも自然と上向きになります。恋煩いでふさぎ込んでいた状態から回復し、食欲不振も改善される可能性があります。

趣味がないという人は、恋煩いの症状から抜け出すためにも、自分に合う趣味を探してみてはいかがでしょうか?

自分磨きをする

恋煩いになるのは、自信のなさが原因となっている場合もあります。

自己肯定感が低いからこそ、恋が叶わないことに対して悩んでしまうのです。この状態を改善するには、自分磨きをするのがおすすめです。

メイクやコーディネートのセンスを上げる、人とたくさん話をしてコミュニケーション能力を培うなど、自分磨きに時間をかけましょう。料理の腕を上げるのもおすすめです。できることが増えれば、自然と自分に自信が持てるようになります。

まとめ

恋煩いになった時は、食欲不振や睡眠不足などの症状に悩まされることがあります。そんな状況から抜け出せず、困っている女性も多いでしょう。恋愛感情はなかなか抑制できるものではないため、コントロールが大変ですよね。

そんな時は、仕事や趣味に没頭するなど、自分にとって楽になる対処法で恋煩いを解決していきましょう。他のことに気をそらすことができれば、自然と恋煩いの症状も緩和していくでしょう。

C・M

ライター歴4年、フリーランスのWEBライター。 恋愛テクニックやノウハウ、さらにデートスポット、飲食店等の店舗紹介をします。

プロフィール