春がやってくる前に、体重を元に戻したい!そんな方におすすめの簡単レシピ

趣味・美容

寒い冬が終わり、そろそろ暖かい春がやってきます。冬の間に増えた体重は元に戻りましたか?まだだと諦めている方に、簡単に作れるヘルシーレシピをご紹介します。

焼かずに包み焼きにすることで油の量をカット

焼く調理はどうしても油を多く使いカロリーが上がってしまいます。ですので、アルミホイルで包み焼きをしてカロリーをカットしましょう。

サーモンときのこの包み焼き
「材料」(2人分)
生鮭・・・2切れ(1切れ約80g)
塩・・・適量
エノキ・・・約50g
シメジ・・・約50g
サラダ油・・・小さじ1
ユズ(薄切り)・・・4枚
酒・・・大さじ1

ユズ茶・・・約5g
ユズポン酢・・・大さじ1

「作り方」
生鮭にはあらかじめ塩をふり10分ほどなじませておいてください。
なじませた鮭の水気をふいて半分に切ります。エノキは長さを半分にして食べやすいサイズに、シメジは小房に分けてサラダ油をからめてください。
アルミホイルの上にそれぞれ鮭1匹とエノキとシメジを半分ずつ、そしてユズをのせ、酒をかけます。そしてそれを両面焼き水なしグリルの上・下強火で9分間焼いてください。
火がきちんと通ったら完成です。ユズ茶とユズポン酢を合わせたさっぱりとしたソースでお召し上がりください。

ヘルシーな大根を使って違う食感を楽しめる、だいこんもち

大根のレシピとなるとどうしても煮物が多くなってしまいます。ほくほくの大根もおいしいですが、お餅のようにモチモチした食感が恋しくなることありませんか?そんな時、大根が大活躍するんですよ。

「材料」(2人分)
大根中太1/2本
片栗粉 カップ1/2
桜えび大さじ2
鶏ガラスープ(顆粒) 大さじ1/2
ごま油 適量

「作り方」
大根は皮をむき、ラップに包むか耐熱容器に入れてレンジ600Wで7分加熱した後、裏返して3分間、大根がやわらかくなるまで温めます。その大根を器に入れマッシャー等でつぶし、更に電子レンジで600W 2〜3分温めてください。
温め終わると、大根から水分が出てくるので、ザルにあけ軽く押しながら水を切りましょう。やわらかいポテトサラダくらいの硬さが目安だそうです。大根の粗熱を取り、温かいうちに鶏ガラスープ、桜エビ、片栗粉を加えて混ぜればあとは焼くだけ。ごま油をひいたフライパンに広げ、両面きつね色に焼けたら完成です。食べやすく切り分けて トッピングに白髪ネギ、あれば万能ネギをかけて食べるとおいしいですよ。

刻んだしらたきで普段の半分のカロリーのごはんが完成

最後はレシピといえるかどうかわかりませんが、白滝を使って普通のお米の半分のカロリーのごはんを作ります。

「作り方」
作り方は簡単です。白滝を水でサッと洗い、お米と同じ大きさになるくらいまでみじん切りをしていきます。そうして小さくなった白滝をお米と一緒に炊飯器に入れ、あとはいつも通り炊飯するだけ。普段よりお米の量が半分に減るので、カロリーも控えめに。ダイエット中のおもいきりお米を食べたい!という願いもこれで解決ですね。

いかがでしたか

どれもおいしいのでとてもおすすめです。油を使わないようにグリルで包み焼きする、比較的カロリーの低い食材の形を変えて違う食感を楽しむ、かさましして満足感を得る、など小さな工夫ですが、大きな満足感のあるレシピになっています。ぜひつくってみてくださいね。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧