2月15日はお菓子の日!簡単ヘルシーなお菓子レシピをご紹介

趣味・美容

2月15日はお菓子の日。実は毎月15日はお菓子の日なのですが、バレンタインの翌日である2月15日が特に大切にされています。この日は全国菓子連合協会組合が1981年に制定したもの。お菓子はとてもおいしいですが、やはりコストやカロリーが気になるもの。そこで今回は、自宅で簡単に作れる簡単ヘルシー節約お菓子レシピをご紹介します。

一度にたくさん作れるクッキー

まずは一度にたくさん作ることができクッキー。チョコなど甘いものにも、チーズなどのしょっぱいものにもアレンジが簡単なのでおすすめです。今回紹介するのは、基本の甘いバタークッキー。小麦粉を使わないので料理をあまりしない人でも、粉を余らせてしまったり失敗してしまう可能性も減ります。バターのカロリーが気になるかたは、バターのかわりにオイルを使ったレシピなどもあるので調べてみてください。
「材料」(2~3人分)

ホットケーキミックス 200g
バター 40g
たまご 1つ
砂糖 大匙3

「作り方」
溶かしたバターに砂糖とたまごを順番に加え、その都度よく混ぜます。そして最後にホットケーキミックスを入れてさっくりとヘラで混ぜてまとめます。ひとまとまりになったらラップてくるみ冷蔵庫で30分ほど休ませます。その生地を薄く伸ばし型抜きで抜き、余熱しておいたオーブンで10分焼けば完成です。
あまりがちなパンの耳がラスクに
次に紹介するのは、サンドイッチなどを作ったときにあまりがちなパンの耳。そのまま捨ててしまうのはもったいないので、トースターで簡単にできるラスクにしてしまいましょう。小腹が空いたときにもおすすめです。これもアレンジがきくので、バジルなどを使えばおつまみにもなりますよ。

「材料」(一人分)
パンの耳
マーガリン
砂糖やシナモンシュガー

「作り方」
パンの耳をトースターに並べ2~3分、表面がカラカラするまで焼きます。そして一度取り出し、マーガリンを薄く塗ります。(やけどに注意してください)そしてその上に砂糖やシナモンシュガーをふりかけ、こんがりと焼けるまで再度焼きます。あまり温度が高いと焦げてしまうので注意してください。焦げるのを防ぎたいときには、アルミホイルをかぶせて焼くといいですよ。

無添加ヘルシーで罪悪感なしのポテトチップス

最後に紹介するのはポテトチップス。あの味と食感は一度食べ始めると止まらず、一袋食べきってしまう人は少なくないはず。しかしやはりカロリーや栄養面が気になりますよね。そんなポテトチップスも手作りしてしまいましょう。市販のものよりヘルシーに出来上がりますし、ニンジンやかぼちゃなどでもアレンジが可能。普段の生活では取ることのできない野菜をここで摂取することもできますね。

「材料」
ジャガイモ


それぞれお好みの量。

「作り方」
ジャガイモをスライサーなどで薄くスライスし、水につけてアクを落とします。そして軽く水けをきったジャガイモを大き目のお皿に重ならないように並べ、油を薄く塗り塩などで味付けをしてレンジへ。2~3分チンして、一回ひっくり返し、もう一度2~3分チン。これで完成です。

いかがでしたか

お菓子となると料理よりもハードルが高いと感じてしまいますが、簡単にできるレシピはたくさんあります。普通に買うよりも安く済みますし、ヘルシーに出来上がります。また、添加物などが使われていないので身体に優しく、アレルギーがある方でも不安なく食べることができますね。ぜひ、お休みの日や小腹が空いたときに作ってみてはいかがでしょうか。

サイトウ サオリ

17,285 views

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事