恵比寿での女子会は大人だからこそ堪能できる繊細な和食を

趣味・美容

日本ではたくさんの国の料理を簡単に食べることができます。ですがたまにはゆっくりと、日本人の身体と心にしみる和食をじっくり味わいませんか。今回は恵比寿にある和食がおいしいお店をご紹介します。女子会だけでなく大切な人とのデートでも喜んでもらえる空間です。

高級お寿司をリーズナブルに「あげまき」

和食の中でも人気なのはやはりお寿司。回転ずしでも食べることができますがやはり目の前で握ってもらったお寿司には勝てません。しかしどうしても金額面から避けてしまいがちなのでは。そんなときにおすすめなのがこちらのお店。一流料理店出身の大将が握る、大トロやウニ、いくらも含む12貫のお寿司が楽しめる「握り特選十二貫盛り」が2800円と、リーズナブル。もちろん1貫からでも注文することができるので好きなネタやおすすめのネタも楽しめます。また、白身や貝にはお醤油でなく、日本酒に梅干しと昆布、鰹節を入れて煮たててこした、室町末期から伝わる調味料である煎り酒をつけて食べるというこだわりを楽しめるというのも、また大人ならでは。とてもおいしいのでぜひご賞味ください。

住所:渋谷区恵比寿西 2-10-3 プラネックスアンベール 1F
営業時間:月曜~金曜 ランチ:12:00~(L.O.14:00) ディナー:17:00~(L.O.22:30)
     土曜・祝日 16:00〜(L.O.22:00)
定休日:日曜日

オレンジ色のウニがまぶしい「春秋ユラリ恵比寿」

ドアを開けると水面にいくつも広がる「波紋」と、木々の隙間からさしこむ「木漏れ日」をイメージした雰囲気の違う空間が広がるこちらのお店では、蓋を開けた瞬間ウニの濃厚な香りが漂う「生雲丹鉄釜飯」がおすすめ。ふっくら炊けたオレンジ色が鮮やかな釜飯は、食べた瞬間口いっぱいにウニが広がります。贅沢の極みといっても過言ではないのではないでしょうか。他にもお店を代表する料理ともいえる「生湯葉と生雲丹のジュレがけ」も贅沢にウニを食べることができます。少しリッチな女子会や自分へのご褒美ディナーなどにいかがでしょうか。

住所:渋谷区恵比寿南 1-7-8 恵比寿サウスワンB1F(恵比寿駅から徒歩3分)
営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
     ディナー17:30~23:00(L.O.22:00) ※日祝は22:30閉店
定休日:年末年始、第一日曜日のディナータイム

心落ち着く古民家レストラン「イワカムツカリ」

恵比寿のおしゃれな街並みの中にも古民家レストランがあります。建物は大正時代に建てられたもので、時代を感じる佇まいをしています。そんなこちらで食べたいのは「葉衣しゃぶしゃぶ」。
国内でもあまり扱っていない種類の無薬飼育された豚肉を、注文されてから薄切りにする、柔らかくて鮮度の高いお肉。それを日本酒を1合加えたこだわりの出汁でしゃぶしゃぶし、葉野菜につつんでいただきます。みずみずしい新鮮な野菜と、豚肉の甘味うまみをしっかりと味わうことができ、あっという間に食べ終わってしまいます。〆の玄米を使ったおじやもたくさんのうまみを吸い込んでいて、満腹でも食べたくなってしまいます。

住所:渋谷区広尾 1-4-10
営業時間:8:00~23:00(料理L.O.22:00。ドリンクL.O.22:30)
定休日:日曜

いかがでしたか

華やかなフレンチやイタリアンなどもおいしいですが、こだわりのたくさんつまった和食はやはり格別。日本人でよかったなと思う瞬間です。和食の繊細な味を女子会でもゆっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事