年収の計算方法とは?年収の見方と手取りとの違い

給与・ボーナス

ローンを組む時や転職時などに年収を聞かれる機会がありますが、計算方法をご存知ですか?年収は、普段口座に入金されている手取り金額とは異なり、税金などが引かれる前の金額のことを指すのが一般的です。今回は年収とは何であるか、年収の計算方法をご紹介します。

年収とは、全ての収入の合計金額のこと

年収を聞かれた際に、すぐに答えることができますか?年収は、自分に支払われた給与の総支給額など、全ての収入の合計をいい、いわゆる手取りとは異なります。実生活においては手取りの金額を意識することが多く、いざ自分の年収を聞かれた時に、迷ってしまうこともあるでしょう。

年収の定義については、法律で定められているものではありませんが、一般的に、給与等の総支給・受給額のことを指します。給与を受け取った時には、すでに税金などさまざまなお金がすでに引かれていますが、この金額はいわゆる手取りです。そのため、年収を計算するのに、1年間の手取り金額を単純に合計するというのは間違っています。

年収に含まれるもの、含まれないもの

年収は給与の総支給額になりますので、給与から天引きされている所得税や住民税といった税金や、社会保険料、雇用保険料などを含んだ金額です。また、交通費が月10万円以上支給されている場合は、10万円を越えた部分に関しては年収に加算されます。決められた給与以外に発生する残業手当やボーナスに関しても計算の対象です。また、基本給以外の会社から支給されている住宅手当や家族手当も年収に含まれます。
逆に、支給されていても年収に含まれない主なものは、月10万円未満の交通費、出張で使用した旅費等の経費精算分などです。

源泉徴収票で年収を確認するには支払金額を見よう

一つの会社からのみ給料をもらっている場合には、源泉徴収票で年収を確認することができます。源泉徴収票にある、支払金額というのが年収です。なお、支払金額には、年収に含まれない月10万円以内の交通費は含まれないようになっています。ちなみに、支払金額から、源泉徴収税額と社会保険料等の金額を差し引いた金額が、いわゆる手取りの金額です。
源泉徴収票は、前年分を計算したものが、翌年の1月末までに会社からもらえます。所得税の支払いもしくは還付の金額ばかりに目が行きがちですが、年収である支払金額についても確認しておきましょう。

まとめ

年収と手取りの差をイメージしていただけたでしょうか?書類上では年収を聞かれる場面も多いため、違いを意識しておきましょう。また、転職の場合は給与は年収記載のため、両者の関係を覚えておくと役立ちます。

関連記事一覧