結婚前にはいくら貯金すればいい?結婚前に必要な貯金額とは

貯金・家計

結婚前にかかる費用に対して貯金が足りなかったらどうする?

本題の「結婚前の費用をどうするか」ですが、もし結婚前にかかる費用をまかなえない場合は、どうしたらいいのでしょうか?

決して安いとは言えない結婚費用。貯金が少ない人は、結婚費用に困ったら以下のような方法で資金不足を解決しましょう。

結婚にかかる費用を削減する

まずはやはり、結婚費用を少しでも削減すべきでしょう。結婚式や新婚旅行をあきらめる必要はありませんが、旅行の繁忙期を避けること、ウェディングプランナーと価格交渉をするなどして、少しでも結婚費用を安く抑えましょう。

親に援助してもらう

親に援助してもらうことも、結婚前の貯金不足を解決する方法の一つです。実際、子どもの結婚資金を積み立てている親は少なくありません。

子どもの幸せな結婚のためなら…と喜んで援助してくれることもあるかもしれません。ただし、もらいっぱなしにするのではなく、少しずつでもお金返していくこと、親孝行することは大事にしたいものです。

ブライダルローンを活用する

ブライダルローンを使って、足りない分を補うという方法もあります。ブライダルローンとは、結婚式や新婚旅行のためのお金を銀行などから貸してもらうローンのことです。

審査に通れば、資金不足を一気に解消できるでしょう。ただし、ブライダルローンというと聞こえは良いですが、借金であることには変わりないため、利用するかどうかは二人でよく話し合って決めるべきでしょう。

費用を支払うタイミングを工夫する

費用を支払うタイミングを変えられるなら、それを調整することで結婚費用のための貯金不足を解消できる可能性があります。

クレジットカード払いやご祝儀を計算に入れた当日払い、後払いなど、費用を支払うタイミングをずらすことができるなら検討してみましょう。後払いができる結婚式場は少ないため交渉が必要になりますが、「支払時期さえずらすことができればお金を用意できる」という場合は交渉する価値はあります。

まとめ

結婚前に貯金が足りないときは、結婚費用を少しでも削る方法を考えてみましょう。資金が足りなくて困ることがないよう、貯金をしっかり増やしてから結婚を考えることも大事ですね。

独身女性・独身男性の結婚前の平均貯金額を目安にしながら、まずは幸せな結婚のためお金を貯めることを考えてみてください。

C・M

ライター歴4年、フリーランスのWEBライター。 恋愛テクニックやノウハウ、さらにデートスポット、飲食店等の店舗紹介をします。

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事