ファッションに使うお金はどうしてる?本当におトクな方法とは?

貯金・家計

いつの時代もいくつになっても、女性はファッションが気になるものです。
どんな服が似合うのか? トレンドは何か? そしてファッションにかけるお金にも悩みます。
そこで、今回はファッションに関してのお金はどう考えたらおトクなのかを検証しました。

安いものをたくさん買うのがおトク?

毎月ファッションに支出できるお金はある程度決まってしまうと思います。
今の時代、安くてもかわいいものも、おしゃれなものもたくさんあります。
そこで、安くてもたくさん買ってファッションを楽しんだ方がおトクと考えることも出来ます。
特にその年のトレンドであれば、翌年に流行遅れで着たり、使ったりするのも恥ずかしいという事もあります。安く今年のトレンドを楽しめれば確かにオトクです。

しかし、1点1点が安いため、ついつい買い過ぎたり、衝動買いをしたりしてしまい、無駄使いしがちにもなるので注意が必要です。
さらに、結局シーズン中に着なかったり、使わなかったりすることもあります。翌年使おうと思った時には、流行遅れなんてこともあります。
安いものでトレンド上手に取り入れて、買いすぎずファッションを楽しめれば随分おトクという事になります。

高価でもいいものを長く使う

値段は高額になりがちな、ハイブランドなどのものであれば、大切に長く使うのでおトクという考え方もあります。
さらに、高級なものは素材も良いし、修理もしてくれるなど長持ちする条件も整っています。長く使えることで、購入時は高くても結果的にオトクという事になります。また、場合によっては後々買い取ってもらうことも可能です。

ただ、どうしても高価なものだと、点数を買うことが出来ず、いつも同じものを身に着けるという事になり、ファッション的にはいまひとつになってしまうことも。
さらに、高価で長持ちしても流行が終わってしまえば、結果的に使わなくなります。
高価でも長持ちするものであれば、定番であまり流行がないものや、飽きのこないデザインを選ぶのがコツのようです。

おトクなお金の使い方

ファッションは、センスが重視されます。おトクかどうかは価格の高い安いだけで決まるわけではありません。たくさん持っていても上手く着こなせなかったり、使いこなせなかったりしてはお金の無駄遣いになります。
組み合わせを変えて着まわしたり、ちょっとアクセサリーやスカーフなどを活用して服やバッグのイメージを変えたりすることも重要です。

そこで、ファッションに使うお金は年間でいくらと決めてその範囲で高価なものと安価なものを上手に取り混ぜて買っていくのが、ファッションに対しての上手なお金の使い方になります。

まとめ

安いものを身に付けていても、高価なものを身に付けているように見せるのは、身に付けている人の工夫や雰囲気にもよります。
ファッションにお金をかけても中身が伴わなければセンス半減です。自分の中身向上も大切であることもお忘れなく。

廣木 智代

ファイナンシャルプランナー(CFP) 結婚後、家業のスナックで手伝いをしていたが母の引退と共に廃業。家計の苦しさを埋めるための我が家の保険の見直しをきっかけ...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事