年末の出費を賢く節約! クリスマス準備にできる5つの工夫

貯金・家計

ハロウィンが終わればもうすぐクリスマス。楽しく過ごしたいけれど、年末年始は出費も多く、できれば節約したいものです。
今回はクリスマスの特別感はそのままに、しっかり節約できる5つの工夫をお伝えします。

クリスマスツリーはレンタルが手軽

クリスマス気分をグッと盛り上げてくれるのが、クリスマスツリーです。安くすませようと思えば、高さ60センチのサイズでも、オーナメント付で3000円程度で買うことができます。部屋が狭いと飾る場所だけでなく、シーズンが終わったあとの収納場所にも困るので、コンパクトなものを選びがちです。

しかし、大きなツリーはクリスマス気分満点。150センチや180センチ級の大きなツリーを飾ればテンションも上がります。選ぶなら、枝数が多くしっかりした作りのものにしましょう。格安のものは枝ぶりが物足りなく、かえって貧相になってしまいます。
買うとしたら1万5000円~2万円以上はしますが、レンタルなら1カ月6000円程度から探すことができます。
レンタルなら収納の心配はいりません。毎年違ったデザインのものにすることもできるのもレンタルもメリットですね。

クリスマスプレゼントは早めの準備が得策

クリスマスプレゼントの準備は、早めのリサーチが肝心です。
大切な人へのプレゼントなら、さりげなくリクエストを聞き出しましょう。アマゾンや楽天などの通販サイトで購入できそうな品物であれば、こまめにチェックして、安くなるチャンスを見逃さないようにします。

また、11月末頃からは、デパートやショッピングモール、家電量販店のバーゲンセールが多くなります。人気の商品は売り切れるのもあっという間。よく利用するお店なら、LINEのお友達登録などで、おトク情報を確実にキャッチしましょう。

パーティの時に持ち寄るプレゼントも、早めの準備が得策。ギリギリになって慌てて探すと、パッケージだけクリスマスカラーにしたものを高く買わされてしまうこともあります。

クリスマスパーティは持ち寄りホームパーティ

クリスマスに、気のおけない友達同士でホームパーティを開くのも楽しいですね。そんな時のお料理は、パーティに出席する人がそれぞれ数品ずつ持ち寄ることにしてはいかがでしょうか。
メニューがかぶらないようにするには、サラダ、肉料理、サンドイッチなど、メニューごとに持ってくる人を決めておけば大丈夫。担当になった人は、買ってきてもいいし、手作りをしてもいいので、一人ずつの負担が小さくすることができます。

クリスマスケーキは早めの予約か手作りで

クリスマスには、ケーキがなくては始まらない、と思う人も多いのではないでしょうか。
クリスマスケーキは当日でも買えますが、デパートやショッピングセンターは夕方から混雑しやすいので、じっくり選ぶなら事前に予約をしておくとよいでしょう。コスパがよくて、美味しいケーキは毎年人気です。パティスリーによっては、予約が一定数に達すると販売を締め切ってしまう場合があるので、早めの予約が肝心です。

あるいは、クリスマスケーキを手作りするのもいいでしょう。すべて手作りするのが大変なら、スポンジを買ってきて、デコレーションだけする方法もあります。オリジナルケーキで楽しむクリスマスは、素敵な思い出にもなりそうです。
クリスマスケーキは定番から、さまざまな趣向を凝らしたものまでバリエーション豊か。今年はどんなケーキにするか、悩むのも楽しみのうちですね。

クリスマスのお出かけはイルミネーションめぐり

クリスマスの準備をしたら、お出かけもしたいですね。お金をかけずに楽しむなら、イルミネーションめぐりがおススメです。
ショッピングモールや駅の周りなど、見比べて歩くのもロマンチックです。気分を壊さず節約もするには、しっかり防寒対策をして、あまり混雑しない夕方の時間帯がいいでしょう。身体が冷えたり、混雑で疲れたりすると、カフェやレストランでの出費が多くなりがちです。

まとめ

年末年始の休みには、旅行や帰省などイベントが盛りだくさんの人もいるでしょう。クリスマスに散財してしまうと後が大変です。
出費をおさえつつ楽しむには計画性が大切。まずは予算を設定することから始めてみてはいかがでしょうか。

タケイ 啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事