2019年のお年玉付年賀はがきは、東京2020大会の招待券が当たる!

ライフ

近年、年賀状は出さずに、新年の挨拶はEメールやLINEなどのメッセージアプリでする、という人が増えています。そのため、年賀はがきの発行枚数は減少傾向。
そんな中、2019年は一味違うお年玉付年賀はがきが発行されています。

2019年は、東京2020オリンピックの招待券が当たる!

日本郵便が発行するお年玉付年賀はがきは、毎年1月中旬頃に抽せんを行い、現金や切手シートなどが当たります。
お年玉付年賀はがきには、宛名が書かれている面の右下に6桁の番号が印字されているのですが、この番号が当選番号に当てはまっていれば、賞品がもらえます。

2018年の賞品は、1等10万円、2等ふるさと小包など、3等お年玉切手シートでしたが、2019年の賞品は大幅にグレードアップ。
なんと、特別に「東京2020大会応援賞」がもうけられ、東京2020オリンピック大会にペアでご招待、しかも旅費(交通費、宿泊費)に使える旅行券付なのです。56年ぶりに東京で開催されるオリンピック、ぜひとも生で観たいですね。
ただし、東京2020の招待券が当たるお年玉付年賀状には、一部の年賀状に限定されています。

2019年用のお年玉付年賀はがきは、定番の無地やディズニー、スヌーピーのデザインなどの他、寄付金付の年賀はがきがあります。
現在、はがきは1枚62円ですが、寄付金付はプラス5円の1枚67円。2019年の年賀状用には、東京2020大会寄付金付年賀はがき、全国版、地方版があります。
東京2020大会寄付金付年賀はがきの5円の寄付金は、東京2020オリンピック・パラリンピックの準備や運営に生かされます。

東京2020の招待券が当たるのは、東京 2020 大会寄附金付年賀はがき(無地(インクジェット紙)・ 絵入り・特殊印刷)のほか、2019 年用年賀はがきの無地・無地(くぼみ入り)・ 無地(インクジェット紙)・無地(インクジェット写真用)が対象です。その他のデザインの年賀状では、東京2020大会の招待券は当たりませんので、注意しましょう。

そのほかの賞品もグレードアップ

そのほか1~3等の抽せんは、例年通りすべてのお年玉付年賀はがきが対象になります。こちらも2019年はグレードアップしています。
1等の現金、または同額相当のプレミアム商品券は、2018年の10万円から30万円の3倍にアップ。3等のお年玉切手シートは、当せん割合が2018年の100本に2本から、100本に3本へアップです。
お年玉切手シートは、干支の動物がモチーフになっていることが多いのですが、2019年は招き猫のデザイン。はがきを出せる62円切手は右手をあげてお金を招き、封書を出せる82円切手は左手をあげて人を招いています。

また、2019年は平成から新元号に改まる特別な年です。そのため、ダブルチャンス賞として郵政記念日の4月20日に2回目の抽せんをします。賞品は特別な切手シートでシリアルナンバー入りの特別仕様。入手できればプレミアムが付くかもしれませんね。

まとめ

お年玉付年賀状で、新年のご挨拶だけではなくワクワクも送れます。東京2020オリンピックの招待券はペアでご招待なので、友達同士などで年賀状を送りあい、当たったら一緒に行く、という計画も楽しそうです。
1回目の抽せんは2019年1月20日(日)。忘れずにチェックしましょう。

タケイ 啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。 36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務...

プロフィール

関連記事一覧