元カレ以上に人を好きになれない〜過去の恋愛が原因で“負のループ”に陥った時こそ見直したいこと〜

メゾン ド ドリアン

元カレ以上に人を好きになれない〜過去の恋愛が原因で“負のループ”に陥った時こそ見直したいこと〜

第11話

方法よりも“心の持ちよう”が重要なのでは?

ドリアン
29歳になったらさあ、色恋の傷の癒し方というか、かさぶたの作り方は、もう自分で学ばなきゃダメじゃないかしら。
えぇ〜、そーお?
桃田
ドリアン
「時間が解決してくれる」し、「積極的に他の男性と会った方がいい」ってのも確かにそうなんだけど、結局は(相談者)アンタの心の持ちようでその行動が結果に結びつくかつかないかは変わってくると思うの。
うんうん。
桃田
ドリアン
「心の傷を治したい」っていう意思がないまま他の男性と会ったり、時間を過ごしたりしてもダメだってこと。「心の傷を治したい」「この気持ちを吹っ切りたい」と当人が本気で考えているという前提で、“時間”や“他の男”が解決してくれるものだと思うから、行動だけじゃなくて、ベースとしてこのスタンスが大事だと思うの。
じゃあ、彼のことを考えないように、意識した方がいいってこと?
桃田
ドリアン
本当にこの状態が嫌なんだったらね!今の自分から本気で脱却したいんだったら、他の男と会うなり、時間が解決してくれるのを待つなりしたら自然と良い方向に変わっていくと思うのよ。そんな(クヨクヨしている)自分が好きならそのままでいたらいいし。
嫌だと思うけどなぁ?(笑)
桃田
ドリアン
恋愛の傷はかさぶたと一緒なの。この方は治りそうになるとぺりっとめくって、グジュグジュさせて「痛い」って言って……。これを繰り返してるだけだから、そのままだと色恋の傷はどんどん“膿む”のよ。かさぶたがちゃんと治りきるまでは、天日にでも当てときなさい!って。
あはは(笑)
桃田
ドリアン
結局グジュグジュさせてるのは、(相談者)この人自身なわけ。
しばらく自分自身と向き合いなさいってことでいいのかな?新たな男性と会うでもなく、かさぶたをはがすでもなく。
桃田
ずっとこのままで居たいのだったら、どうぞ!ど~ぞそのままで居なさいなっ。
5 / 5ページ

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事