利用前にカードローンの3つの種類を知っておこう!

カード・ローン

カードローンにはいくつか種類があり、その種類ごとにサービスの特徴が異なります。基本的に金利がかかるため、種類ごとの特徴はしっかり抑えて利用したいところです。ここでは、種類ごとの主なカードローンの特徴について解説いたします。

カードローンの3つの種類

カードローンは大きく3つの種類に分けられます。それは銀行カードローン、ネット銀行カードローン、消費者金融カードローンです。消費者金融カードローンは銀行などと比べると融資までのスピードが早く、無利息期間などの特別なサービスを提供している傾向にあります。一方で銀行カードローンは、消費者金融カードローンに比べて金利が低い傾向にあります。ネット銀行カードローンは、ほかの銀行サービスの併用でお得に利用できるサービスを提供しています。

主な銀行カードローン

主な銀行カードローンとして挙げられるのは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行です。それぞれ、メガバンクが提供しているサービスなので利用者としては安心感があります。昨今では、スピード融資対応や、自動契約機設置など、サービスを拡大しています。カードもキャッシュカードと同様の券面になっているので、カードローン利用を他の人に感づかれにくい工夫なども施されています。

主な消費者金融カードローン

主な消費者金融カードローンには、アイフル、プロミス、アコムなどがあります。それぞれ即日融資に対応しており、いざという時に助けになるサービスです。また、無利息期間を30日間設けており、利用期間が30日以内と決まっている方であれば金利0で借入れることも可能です。

主なネット銀行カードローン

主なネット銀行カードローンには、ジャパンネット銀行や住信SBIネット銀行があります。それぞれ独自のサービスを展開しています。ジャパンネット銀行は、利用限度額を最大1000万円と高額にしており、消費者金融カードローン同様に無利息期間を設けております。住信SBIネット銀行ミスターカードローンのプレミアムコースは、金利が0.99%~7.99%とかなり低金利になっているのが特徴です。

まとめ

カードローンを利用したい時には、印象やイメージに流されず、自分の借入額や返済方法にもっとも適したものを選ぶことが大切です。そうすることで、もっともお得に借りることができます。