クレジットカードは2枚以上持つのがベスト?複数持ちのメリットとデメリット

カード・ローン

「クレジットカードは無くすと危ないから、2枚はいらないわ」と思っているあなた。大きく損をしているかもしれませんよ?カードの特性をしっかり理解していれば、複数持ちでグッとお得な生活ができるんです。カードの選び方と、気を付けるべきポイントをお伝えします。

1枚目に選ぶべきプロパーカードと、提携カードの違い

プロパーカードとは、クレジットカードの会社が発行しているカードのことです。例えば三井住友VISAカードのクラシックカード、プラチナカードなどのことをいいます。
プロパーカードの多くは会費が必要ですが、持っているだけで国内・海外旅行保険が付帯している、空港ラウンジが利用できる、カード会員向けのサービスが利用できるなど充実した特典を受けられます。プロパーカードは、最初の1枚に選びたいクレジットカードです。

一方、「提携カード」とはクレジットカード会社が企業などと提携して発行するカードをいいます。例えばアマゾンカード、京王パスポートカードなどですね。プロパーカードのようにラグジュアリーな特典は受けられませんが、ポイント付与などで得られる金銭的なメリットが特徴です。

2枚目以降は提携カードを選んで、多くの特典をゲット

2枚目以降のクレジットカードは、あなたがよく使う店の「提携カード」を申し込みましょう。利用することでポイントがたまり、現金との交換や値引き、お得意様優待などの特典が利用できます。
例えば会社帰りに買い物をするデパート、スーパー、家電量販店などの提携クレジットカード、よくネットショッピングをするなら楽天やyahoo、アマゾンなどの大型通販サイトの、ポイント付与率がアップするクレジットカード、車を運転するならガソリンスタンドで給油するとポイントがたまるクレジットカードといったように、自分のライフスタイルに合わせたカードを申し込みましょう。

クレジットカードを複数持つと、ポイントや会員特典の他にもメリットがあります。VISA、JCB、AMEXなどのカードブランドが複数持てるので、海外旅行中にカードでショッピングできる店舗の選択肢が広がるでしょう。

クレジットカードの複数持ちには、デメリットも…

クレジットカードを複数持つと、紛失する可能性も多くなります。家のどこかにしまい忘れているのならいいのですが、外出先で無くすと他人に使われてしまう危険性があります。
もしカードが見当たらなければ、すみやかにカード会社に連絡して紛失と再発行の手続きを取りましょう。「紛失届の○日までさかのぼって、不正使用された金額を保証する」という規約を定めているカード会社もあるので、とにかくすぐに連絡を。再発行には手数料がかかる場合があります。
また、複数のカードを持つとキャッシングできる額も増えます。返済のために別のカードでキャッシングして…なんて自転車操業をしていると、借金地獄におちいってしまうことも。キャッシングは「非常時の最終手段」くらいに考えておきましょう。

まとめ

ネットショッピングや公共料金の支払いなど、今やクレジットカードは、生活の必需品になりつつあります。うまく複数のカードを使い分けて、ポイントや優待で得する生活を楽しみましょう。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事