旅行先でケガをしたらどうする!?知っておきたいポイント

趣味・美容

日常を忘れて楽しみたい旅行。でも、思わぬところでケガをしてしまうこともあります。そんなとき慌てずに対処できる方法と旅行前にできることをまとめてみました。

国内旅行でのケガ

・ケガをしてしまったら迷わず病院へ
旅先で思わぬケガをしてしまうことありますが、ケガの度合いによってはその場の判断が重要になってくることがあります。旅行から戻った後に病院で診てもらうのはちょっと遅いかも……と思う時は迷わず近隣の病院で診てもらうようにしましょう。特に川や山、海などでのケガは菌が繁殖することによって化膿したり、ひどい炎症をおこしたりすることもありますので注意が必要です。

・保険証を持っていなかったとき
保険証を持っている場合は、そのまま病院で診察を受けて下さい。もし体質などで注意したい点や持病があって薬を常用している場合は、医師に説明できるようにしましょう。万が一保険証を持っていないときでも受診することは可能ですが、実費での精算となります。その後、返金手続きを行える場合もあります。

・保険証のコピーでも大丈夫?
よく学校の遠足や宿泊訓練の前に、保険証のコピーを提出することがあると思います。個人の旅行では、保険証のコピーを保険証代わりに診察を受けることは、基本的に認めてもらえません。学校や会社などの公の機関の団体行動中であれば、万が一保険証コピーの内容に不備があった場合すぐに連絡を取ることが可能ですが、個人ではそれができない場合もあるためです。

・保険証なしで受診した後の手続き
保険証なしで全額実費による支払いをした場合、旅行先から戻ったら健康保険組合に「療養費支給申請書」を提出することで、返金が可能な場合があります。必要箇所を記入して医療機関の診療明細書の原本と領収書の原本を添付するようにします。

海外旅行でのケガ

・まずは「全額負担」が基本
慣れない海外旅行でもケガの可能性はゼロではありません。万が一海外でケガをした場合も日本国内のときと同様に病院を受診した際は、一旦全額負担となります。

・「海外療養費」の制度を利用
海外で受診した場合、帰国後「海外療養費」の制度を利用することで、申請すると一部給付を受けることが可能です。申請時には診療明細書と領収書が必要となりますので、受診時に忘れずにとっておくようにしましょう。給付される金額は「日本で受診した場合にかかる」金額の7割です。ただし、日本で受診した方が、費用が高くなる場合は、現地で支払った金額を日本円に換算した金額の7割を受け取ることになります。

・海外療養費の対象外になるもの
旅行先のケガについてはもちろん対象となりますが、目的があって海外で受診したものに関してなどは対象外になります。例を挙げると、自然分娩、先進医療、健康保険がきかない差額ベッド代、心臓移植などです。

旅行前にできる備え

海外で受診した内容によっては海外療養費ではカバーできないこともあります。それに備えて出発前に損保会社の海外旅行傷害保険に加入することをおすすめします。旅行日数と補償内容に合わせてプランを選ぶことができます。妊娠出産や虫歯の治療には対応していませんが、海外療養費と合わせて活用すると負担を抑えることが可能です。

関連記事一覧