おすすめの副業!在宅で気軽にスタートできるクラウドソーシング

給与・ボーナス

“働き方改革”がスタートしたことにより、副業や兼業について認知する企業も増えてきました。その影響で、副業として選ばれる仕事の種類も急激に増加しています。今回は、在宅副業におすすめの「クラウドソーシング」について解説。テレワークでも話題の“クラウドソーシング”とは、どんな副業なのでしょうか。

在宅で副業したい人に人気のクラウドソーシング

副業が解禁になる少し前から、“新しい働き方”として広まり始めていた「クラウドソーシング」。クラウドソーシングとは、“crowd(群衆)”と“sourcing(業務委託)”が組み合わさってできた造語です。
今まで専門の業者やプロに依頼されていた仕事が、インターネットを介してプロ・アマ問わずチャンスが与えられるという仕組みが、クラウドソーシングのからくり。在宅ワークやテレワークへの注目が高まっている今、必要とされている副業のひとつです。

クラウドソーシングと言っても、その業務内容はさまざま。スマホひとつでできる“アンケート・モニター調査”や、文章を書くのが好きな人におすすめの“ライティング”、“デザイン”や“音楽作成”…など多岐に渡ります。
全くの初心者でも、自分の“得意”を“仕事”にできるのがクラウドソーシングの強み。「副業を始めたいけど、どんな仕事が自分に向いているか分からない…」という人にこそ、クラウドソーシングでの副業がおすすめなのです。
クラウドソーシングのサービスを提供するサイトも、ひと昔前にくらべ随分と増えました。次は、実際に“クラウドワーカー”として副業を始めるにあたり、おすすめのサイトをご紹介します。
参考:クラウドソーシングのランサーズで、シングルマザーが月収28万円稼いで会社員時代の2倍の年収になるまでの話 – ノマド的節約術「クラウドソーシング」にはどんな仕事があるの? 難易度や収入、向いている人や注意点など | マネーの達人

案件のジャンルが幅広い「総合型プラットフォーム」

“特別これと言って得意なものがない”、“とにかく何か副業と呼べるものを始めたい”という人におすすめなのが、「総合型プラットフォーム」と呼ばれるサイト。幅広いジャンルの案件を数多く抱えているため、クラウドソーシング未経験者でも第一歩を踏み出しやすいという特徴があります。
今回は、総合型プラットフォームの中でも特に人気の高い2つのサイトをセレクトしてご紹介します。

・日本最大級の規模を誇る「CrowdWorks」

クラウドソーシングサービスを提供しているサイトの中でも、日本国内で最大の規模を誇る「CrowdWorks(クラウドワークス)」。経験のある人やプロを対象とした案件だけでなく、初心者でも取り組める案件を多数抱えており、“とにかく何か副業を始めたい”という人にもおすすめです。

クライアントが短期間での納品を希望しているものに対しては、通常の報酬にボーナスが上乗せされる“特急ボーナス”などの制度があるのも特徴。月間報酬額やコミュニケーション評価など、一定条件をクリアしたユーザーに対して“プロクラウドワーカー”の認定を行うなど、やりがいを見つけやすいサイトだとも言えます。
副業であるとは言え、その仕事にやりがいを見出したいという人は、ぜひクラウドワークスの案件を確認してみてください。

・豊富なカテゴリの仕事から選べる「LANCERS」

クラウドワークスと同じく、大規模な総合型プラットフォームとして人気を集めている「LANCERS(ランサーズ)」。案件の数がとにかく豊富で、いろいろなジャンルの中から副業となる仕事を選ぶことができます。
特に“ライティング”や“デザイン”に関する案件に強いという傾向があるので、ライティングやデザインに興味のある人におすすめのサイトです。クライアントとは匿名でやり取りすることもできるので、副業をしていることは秘密にしておきたいという人からも、支持されています。
参考:クラウドソーシングで稼ぐ!副業で始めるための手順を徹底解説 – 小さな会社・個人事業主・起業の0から1をサポート 01ゼロイチおすすめのクラウドソーシングは?初心者や副業にぴったりなサービスを評判つきでご紹介!|Founder(ファウンダー)

NEXT:「ジャンルに特化したクラウドソーシングサイト」

川西まあさ

フィットネスインストラクターや保険の法人営業などを経て、ライターとして活動中。 今まで経験したきたことをもとに、みなさんの”知りたい!”にこたえられる記事を...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事