副業の基礎知識!始め方やメリット、デメリットを知っておこう

給与・ボーナス

今よりも生活を豊かにしようと副業に励む人が珍しくない昨今。自分も副業をやりたいと思っている人もいるのではないでしょうか?しかし、知識がないままに副業を始めてしまうと、自分だけでなく、周りに迷惑がかかってしまうこともあるようです。今回は、副業を始める前に知っておきたい基礎知識として、始め方やメリット・デメリットをまとめてご紹介します。

副業の基礎知識!始め方を知ろう

副業を始めるときはまず副業でどれだけ稼ぎたいのか、目標金額を決めましょう。漠然と副業を探してもその報酬はピンキリです。毎月本給以外でいくら必要なのかを明確にすることで、ある程度の職種や時間を絞りやすくなります。

目標金額を決めたら、副業ができる空き時間を確認しましょう。本職で残業が多い、朝が早いという場合は平日の副業は不向きかもしれません。その場合は休日を利用するなどして時間を確保するのがおすすめです。

時間の確保ができたら、それに合う副業を選びましょう。働き方としては時間給が発生する時間労働型と出来高制の成果報酬型の2タイプがあります。まとまった時間が確保できる場合や確実に報酬を得たい場合は時間労働型がおすすめです。

隙間時間を活用したい場合、資格や経験がある人はネットビジネスや執筆業などクリエイティブ系の成功報酬型のほうが稼ぎやすいでしょう。クリエイティブ系は上手く運用できれば短時間で多額の報酬を得ることができるので短期集中型で稼ぎたい人などに向いています。

すでに周りで副業を始めている人がいる場合は、実際に注意すべき点ややっておくといいことなどを直接聞くとより現実味があって、参考になるはずです。
参考:副業を始めたい方へ。副業の始め方・やり方の基礎知識

本職以外に副業をやるメリットが知りたい

副業を行うことで収入が増えるため、生活面での満足度がアップし、今までよりも豊かな生活が送れるようになり、生き生きとした日常が送れます。毎日同じことの繰り返しで生活に刺激が足りないと思っていた人には、副業が良い原動力になるでしょう。

また、本業以外での人間関係が構築できるので、視野が広がるきっかけになるかもしれません。副業で学んだことを本業に生かすこともできるでしょう。

専門職の副業の場合、本業では経験できない業務で新たなスキルを身につけることもでき、万が一転職することになっても、経験やスキルを活かせるのがメリットです。

他にも、ノー残業デーや残業無しを掲げている企業の場合は、終業後の時間に余裕がありますよね。その隙間時間を活用して無理なくちょい稼ぎできるのも副業の利点でしょう。企業にとっても本業で活かせるスキルを身につけてもらえれば、業務の効率化や業績アップが見込まれるので副業にはメリットが多いと言えます。
参考:働き方改革!副業・兼業の促進のメリットとデメリット

副業のデメリットも知っておこう

一日の労働時間が本業と副業を含めて長時間になったために、体調を崩して本業に影響が出るようであれば、企業としてもいい顔をしていられません。副業をする場合は自己責任でしっかりと体調管理を行う必要があります。

また副業をすることで自由になる時間が減り、娯楽や家族との時間が取れなくなることで、副業を断念する人が多いのも事実です。お金を稼ぐには時間の浪費は必須。副業を始めると自分の時間の確保は難しくなるのを前提として始めましょう。

他にも、副業を始めて多くの人が感じるのが、働いているのにあまり稼げないということ。副業を始めたからといってすぐに収入が増えるわけではありません。本業の残業が続いたり、体調がすぐれなかったりと思い通りに働けないときもあるでしょう。

副業は、長い目で見て最終的な収入を増やすつもりで働くのが、挫折しないコツかもしれません。
参考:副業のデメリットを知らずに始めると後悔する6つの理由

まとめ

副業を始めるにあたってのメリットやデメリットはたくさんありますが、まずは自分がどんな生活を送りたいのか?を明確にして、副業の必要性を考えましょう。スキルアップや人間関係を広げたいのであれば、無理のない程度に副業を楽しんでみてくださいね。

たまこ

7年の事務仕事を経験し、ライターへ転身。 子育てやファッション関係の執筆の経験あり。 現在はコスメやインテリア分野にも挑戦中

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール