日ごろの感謝と新年の挨拶を送ろう。今からでも間に合う年賀状

貯金・家計

年末、お世話になった人に送る年賀状。リストアップしてみると意外と多くの人に送らなければならず、すべて手書きというのはなかなか厳しいもの。そこで今回は、お得かつ簡単に年賀状を作成できる方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

業者に頼む場合 

年賀状を簡単に作りたいという場合、やはり業者さんに頼む方法がおすすめです。シーズン中である12月でもwebから注文すると少し割引してくれるところや、配送料無料のところなどもありますので、ぜひ調べてみてください。業者さんに頼むと、表面だけでなく宛名も印刷してくれるので、本当に何もせずに完成した年賀状が手に入ります。どうしても時間がない場合や、自分で作るのはちょっと…という場合にはぜひ利用してみてください。

自分でつくる場合 

やっぱり1枚ずつ気持ちを込めて書きたい、という方でも、表面の絵柄を考えたり描くのは苦手…という方も少なくないのでは?そんな時は表面だけインターネットを使って作成しましょう。インターネットには無料のテンプレートやデザインが各サイトに多数掲載してあるので、それをダウンロードして使用してください。無料とはいえ、デザインがものすごく豊富なので自分らしい1枚を作ることができますよ。

はがきを今の料金で出せるのが2018年1月7日まで!

郵便料金の改正により52円から62円に値上がりしたはがき。しかし年賀はがきのみ、2017年12月15日~2018年1月7日の期間限定で従来の52円で出すことができます。この期間以外は、不足金額分の切手を貼る必要があるので注意してください。52円ではがきを出すことができるこの機会にぜひ、年賀状をだしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか

1年の始まりの挨拶と感謝がものすごく伝わる年賀状。最近はインターネットの発達により、送ることは少なくなっていますが、ぜひ今年は出してみてはいかがでしょうか。日ごろの感謝を伝えるいい機会ですよ。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事