夫婦で財布は分けるべき? 失敗しない家計の管理方法

貯金・家計

定年間近になったご夫婦が、家庭に貯金がなくて大慌てするケースをよくみます。
これは、ずっと財布が別々でお互い相手が貯金をしていると思っていたけど、実はお互い貯金をしていなかったという事です。

ここで夫婦喧嘩が始まったりしますが、喧嘩をしても貯金は増えませんし、過ぎた時間は取り戻せないのです。これでは、老後資金が不安だらけになってしまいます。
そこで、今回はそんな失敗のない家計管理方法をお伝えしたいと思います。

■結婚前からの貯金はどうすべき?

結婚をする前のお互いの貯金は、基本的にそれぞれの管理で良いと思います。
せっかく頑張って貯めていたお金ですから、お互い自由に管理し使えば良いのです。
ただし、それは無駄遣いや贅沢をしても良いという事ではありません。それではあっという間になくなってしまいます。
使う時は良く考えなくてはいけません。自分のために使うだけでなく、時には家族のために使う事も必要ですし、運用などに回して将来のために増やすことも必要です。

■結婚後はどう貯める?

結婚したら、これから起きる人生のイベントを書き出し、それぞれのイベントにどのくらいお金がかかるかを確認しましょう。
行き当たりばったりではいざという時にお金がない、お金が足りないという事になってしまいます。

そこで、イベントひとつひとつに対して、いくら必要なのか、どのくらいの期間をかけて準備するのか、どんな方法で準備するのか、をじっくりと考えましょう。
特に住宅購入資金や教育資金、老後資金、自動車購入資金などは大きなお金が必要になるため、計画的に貯めていく必要があります。
今後の家庭の方針などの確認をするためにもこれらはご夫婦一緒に考えると良いでしょう。

■貯蓄ができる家計の管理方法

貯蓄をするには家計を管理する必要があります。
しっかり貯金をしていきたいのであれば、まずは夫婦のお互いのひと月の収入を合算して考えましょう。
そして、貯蓄に回す金額を先に引いて、残りで支出のコントロールをしましょう。

また、夫婦で話し合ってどちらの名義で貯めていくかも決める必要があります。
お金の管理が得意な、どちらか一方の名義でも構いません。夫婦どちらともお金の管理が得意であれば、目的別に分担して名義を分けて貯めても構いません。

つまり、毎月まずは夫婦の財布を一緒にして、そこから割り振りをするのです。
このようにすると、無駄が省けますし、将来の計画が立てやすくなるのです。節約意識も出てきますから、お金も貯めやすくなり、必要な時にお金が足りなくなるような家計管理の失敗もなくなります。
もちろんお互いのお小遣いに関しては干渉することなく自由に使っても良いのです。

■まとめ

結婚したら、お金の事も夫婦一緒に考えたいものです。
しかし、お金の事は得意な人もいれば苦手な人もいます。節約が得意な人もいれば、稼ぐのが得意な人もいます。家計管理は得意な方が積極的にリードしていくと上手くいくようです。夫婦どちらも苦手だったり、不安があったりするのであれば、ファイナンシャルプランナーに確認や相談をすると、家計管理の失敗を防げますよ。

廣木 智代

ファイナンシャルプランナー(CFP) 結婚後、家業のスナックで手伝いをしていたが母の引退と共に廃業。家計の苦しさを埋めるための我が家の保険の見直しをきっかけ...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事