シングルマザーの平均貯金額はいくら?貯金をするコツも徹底解説!

貯金・家計

シングルマザーにとって、今後どれくらい貯金をするべきかは悩むポイントの1つでしょう。実際のところ、確実に貯金を増やしていくことは簡単ではありませんし、出費がかさむからこそ貯金は難しいのです。

とはいえ、子どもの将来のために、やはり貯金はしっかり増やしていきたいものです。貯金をするなら、モチベーションを保つためにも、世の中のシングルマザーがどれだけ貯金しているのかは知っておきたいところです。

そこで今回は、シングルマザーの平均貯金額について解説しながら、貯金するコツについて考えていきたいと思います。

シングルマザーの貯金事情

まず、世の中のシングルマザーの貯金事情を見てみましょう。一般的にシングルマザーは、いくらぐらい貯金をしているものなのでしょうか。シングルマザーの年収なども考えながら、平均貯金額を見ていきましょう。

シングルマザーの平均年収は?

厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告によると、シングルマザーの平均年収は243万円です。このうち自分の収入が200万円となっているため、43万円は養育費や各種自治体などからの手当などが考えられます。

シングルマザーの平均貯金額は?

同じく厚生労働省の調査を見てみましょう。シングルマザーの貯金額は、50万円未満が39.7%で最多です。その次は100万~200万円が10.6%、50万~100万円が6.6%と続きます。

やはり一般的な世帯と比べて貯金額が低くなりやすいことは、否定できません。児童のいる一般世帯の平均総所得は707万8,000円ですが、シングルマザー世帯の収入は348万円。世帯収入が約半分なので、お金がなかなか貯まりにくいことは間違いないでしょう。

子どもの教育費はどのくらい必要?

次に、子どもの教育費として今後必要になるお金を見てみましょう。文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」を参考にします。

幼稚園でかかる費用

幼稚園に3年通った場合、公立の幼稚園であれば教育費は約68万円です。これに対して私立の幼稚園の場合は、約145万円かかります。

小学校でかかる費用

小学校に6年通った場合、公立であれば教育費は約193万円、私立であれば約916万円かかります。

中学校でかかる費用

中学校に3年通った場合、公立であれば教育費は約143万円です。私立の場合は約398万円です。

高校でかかる費用

高等学校に3年通った場合、公立であれば教育費は約135万円、私立の場合は約311万円かかります。

大学でかかる費用

公立または国立の大学に4年通った場合、教育費は約503万円です。これに対して私立大学の場合は、理系か文系かでも教育費が変わります。4年制の私立大学の文系は約738万円、理系は約808万円かかります。

NEXT:「シングルマザーが貯金をするコツは?」

続きを読む
1 / 2

C・M

ライター歴4年、フリーランスのWEBライター。 恋愛テクニックやノウハウ、さらにデートスポット、飲食店等の店舗紹介をします。

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール