花見の予算を安く抑える!花見の平均予算と節約術

貯金・家計

春の楽しみの一つ、花見のシーズンですね。今年の花見は何回ぐらい行く予定ですか?ここでは、花見の平均予算や節約術、安く揃えられる便利グッズについて、紹介します。ぜひ、これからの花見の参考にしてみてください!

いくらぐらいかかっている?花見の平均予算

毎年3〜4月になると各地で桜が満開となり花見シーズンが到来します。日本ならではの美しい桜の下でお酒やお弁当などを食しながら、素敵な時間を過ごします。会社の仲間や友人、ご近所さん、家族、恋人など、さまざまな人と楽しむ花見ですが、平均予算はいくらぐらいなのでしょうか。ホットペッパーグルメリサーチセンターが2016年2月1日〜2月8日まで10,291人を対象に行った調査によると、1回あたりの平均予算は2,388円です。2015年とほぼ変わらない結果となっています。居酒屋などに食事に行くよりは少し安い程度です。ただし、1回あたりの予算ですので、回数が多い方はその分、予算もかかっています。
(参考:ホットペッパーグルメリサーチセンター「2016年春の「歓送迎会」「花見」は、回数・予算ともに昨年並み」http://grc.hotpepper.jp/research/2016/04/2016-f855.html)

費用を安く抑えるための花見の節約術

花見はお弁当を作ったり、お酒やおつまみを買ったりなど、意外に費用がかかります。お弁当を作って準備する場合は、節約レシピなどを活用すると大人数分でも費用を抑えられます。また、お酒やおつまみ、お菓子などを買う場合は、現地で揃えないことです。出店などで販売している場合もありますが、とても高くつきます。荷物を運ぶのは少し大変ですが、事前にスーパーやディスカウントショップなどで購入しておきましょう。またコンビニも便利ですが、ほとんどが定価となるので、当日足りないものを補う程度にしておくと良いかもしれません。

花見の時にあると便利な100均グッズ

花見の際は、便利グッズがあるだけで快適さが違います。高いお金を出して買う必要はなく、100円ショップなどで買えるものばかりです。事前に揃えておきたい便利グッズは、保温アルミシートです。花見と言ってもまだ気温が低いことには変わりなく、特に夕方以降は寒いぐらいです。ブルーシートでもいいですが、足元が冷えてしまいます。保温アルミシートであれば、断熱効果があるため、足元の冷えを抑える効果が期待できます。配慮としても喜ばれますし、寒さが和らぎ、食事や会話に集中できます。また、ウェットティッシュも揃えておきましょう。100円ショップのものでもボリュームがあるのでおすすめです。

まとめ

花見の1回あたりの平均予算は2,388円です。安い居酒屋の予算ぐらいかかります。職場や友人、家族など、花見の回数が増えれば出費も増えてしまいます。少しでも節約をして、他のことにもお金を使えるようにしましょう!

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事