どうすれば安くできる!?引っ越し費用の節約方法

貯金・家計

「引っ越し費用はこんなもんか」と最初から節約を諦めていませんか。引っ越し費用もどのようなプランや業者を使うかで変わってきます。ここでは、引っ越し費用を安く抑えるための方法や業者について紹介します。

最適なプランを選ぶと節約できる

引っ越し費用は少しでも安くしたいものです。節約するための方法の一つに、最適な引っ越しプランの選択があります。各引っ越し業者にはさまざまなプランがあり、荷物量やサービスなど似合わせて最適なプランを選べば費用が最小限に抑えられます。例えば1人での引っ越しで荷物量が少ない場合は、単身者パックを利用すれば通常の半額程度の費用で引っ越しできます。また、カップルで引っ越しする場合は、立ち寄りプランを利用すれば引っ越し費用の節約に繋がります。他にも、引っ越し業者に時間を任せることで、料金が割安になる時間おまかせプランなども節約に有効です。プラン内容を確認して最も適したものを選びましょう。

長距離は混載便、短距離はレンタカーがお得

長距離の引っ越しの場合は、業者の混載便を利用するとお得な料金で引っ越し可能です。混載便とは、同じ地域などに引っ越しをする数組の荷物を1台のトラックで運送することです。引っ越し業者としては、1度に数組分の荷物を運送でき、ガソリン代や高速料金、人件費などを節約できるため、引っ越し料金も安くなります。同じ方面への引っ越し希望者がいない場合は、待たなければいけない場合はありますが、上手く活用すれば長距離引っ越しも節約可能です。また、近距離での引っ越しの場合は、レンタカーを使うと節約できます。

単身者向けの安い引っ越し業者ランキング

「引越し侍」調べの単身者向けの安い引っ越し業者ランキングは、1位がアート引越センター(25,000円程度)、2位がハート引越センター(27,000円程度)、3位がアーク引越センター(30,000円程度)、4位がアリさんマークの引越社(33,000円程度)、5位がサカイ引越センター(33,200円程度)です。引っ越しが多い繁忙期や、荷物量、移動距離によっても変わってきますが、概ね30,000円以下で引っ越しが可能です。利用予定の業者が異常に高い場合は、他社の見積もりも取った方がいいでしょう。
(参考元:引越し侍「安い引っ越し業者ランキング」https://hikkoshizamurai.jp/ranking/cheap-rate01)

まとめ

荷物量や移動距離、サービスなど、状況に合ったプランなどを利用すれば、引っ越し費用は節約できます。今後引っ越し予定がある方は、安い引っ越し業者で最適なプランを利用して、安く抑えましょう。

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事