こんな時どうする!? お金に困ったあるある事例10連発

貯金・家計

忙しい日々の中で、お金やモノの管理があいまいになったとき、すでに持っているモノをうっかり買ってしまったり、月々の収支が把握できていないのにクレジットカードを利用して、支払いが苦しくなってしまったり…。
そんな、きちんと管理ができなかったことにより起きてしまった事態で自己嫌悪に陥ってしまう、なんて経験のある人も多いのではないでしょうか。
「お金にまつわる、あるある事例」を参考に、お金に困った事態になったときの、解決策や今後の対策についてご紹介します。

あるあるその1:新しい服を購入したら、家に似たような服があった

季節の変わり目は気分も変わり、新しいファッションも楽しみたくなりますよね。
店頭にディスプレイされている洋服を見ながら買物をするのはとても楽しいことですが、好みの色やデザインは一年前とそれほど変わるものではなく、購入して帰宅してみると、似たような色やデザインの服をすでに持っていた、なんてこともあります。

何かを購入するときは、まずは自宅の在庫をチェックしてから。
その上で必要なものを買い足していくことで、不要な買物を避けることができます。クローゼットもバラエティが広がりますね。

あるあるその2:買ったけど読んでいない本がたくさん

書店で購入したのに、読まないままになっている本はありませんか。
時間ができたら読もうと思いながらも、忙しいとなかなか難しいですよね。それでもさらにまた新たに本を購入し、そういった本が何冊もある、なんて人もいるのではないでしょうか。

そのような本が複数ある場合は、まずは本棚の棚卸をしましょう。
購入したときは興味があっても、すでにもう読むことはないだろうと思うものは、本の買取店などに売却するという方法もあります。
とはいえ、書店で購入した金額には到底届かない金額での買取になるため、書店で本を購入する際には、できるだけ近いタイミングで読む時間を取ることができるのか、など計画性を持って購入するように心がけましょう。

あるあるその3:宝くじで夢を買ったのに、番号確認を忘れてそのまま

「ハロウィンジャンボ宝くじ5億円」「年末ジャンボ宝くじ10億円」といったCMや街の宝くじ売り場のポスターやのぼり旗に心躍らされ、数千円、数万円で宝くじを購入する人も多いのではないでしょうか。
しかし、当せん金を受け取らないままにしている人が多くいるそうです。

宝くじの当せん金の受け取りは、支払開始日から1年で時効となり、期限を過ぎると受け取ることができなくなってしまいます。
宝くじだけでなく、お金を出して買ったものは最後まで管理することを意識しましょう。
※宝くじ公式サイト 時効当せん金についてhttps://www.takarakuji-official.jp/check/period.html

あるあるその4:ご祝儀袋のなどの表書きを書く筆ペン、毎回買って無駄遣い

頻繁に利用することのない筆ペン。ご祝儀袋の準備など、必要になるたびに購入している人も多いのではないでしょうか。
価格は数百円とそれほど高くはないものの、家に何本もあるのは、やはり無駄な支出です。

こういった、使用頻度が少ないものはまとめて管理しておくといいでしょう。
筆ペンなど文房具だけでなく、食器や日用雑貨なども、それぞれ使用頻度が3カ月以上に1回程度のものはまとめておく、など意識的に工夫して管理することで、重複した購入を防ぐことができます。

あるあるその5:サークル内の結婚式が続いてドレスを毎回購入したら結構な出費

結婚式や二次会へのお呼ばれは気分が上がりますね。
しかし、ご祝儀以外にもドレスやヘアセット、靴、二次会の参加費、遠方なら交通費など、出費がかさむのも現実。

サークル内の友人ともなると、招待されるメンバーが同じ可能性があり、同じドレスを毎回着ていくのも…、と新しいものを購入したくなります。
結婚式にお呼ばれしたときにかかる金額は、一回あたり5万円台が相場ですが、その中で出費を少しでも抑えられるものとして、ドレスをレンタルするという方法があります。

ドレスのレンタルは5000円~1万円未満で利用する人が多く、購入する場合に比べて金額を低く抑えることができるでしょう。
とはいえ、複数回にわたり利用する場合には、結果的にドレスを購入したときの金額を上回るケースもあるため、頻度や、ゲストがどのくらい同じ顔ぶれなのかによって、上手に使い分けましょう。
※みんなのウェディング 結婚式のお呼ばれ服装!レンタルドレスの相場や賢い選び方https://www.mwed.jp/manuals/428/#anchor-4

あるあるその6:ご祝儀用のピン札が出るまでATMでお金を下ろしてしまう

ご祝儀に必要なピン札=新札。どのように準備をしたらいいでしょうか。
ATMで下ろしたお札の中に、ときどき新札が混じっていたことを思い出し、ATMで新札が出てくることを期待しながら引き出してみた、なんて人もいるかもしれませんね。

新札の準備は、銀行の窓口や、銀行に設置されている新札両替ができる両替機で可能です。
口座を持っている銀行では、回数やお札の枚数に制限がありますが、手数料無料で両替できるため、出てくるかどうか分からないATMで時間外や休日の手数料を払って引き出す方法より確実に新札を手に入れることができます。

新札が必要になる場合は、あらかじめ準備をしておきたいものですが、うっかり忘れてしまった場合には、結婚式や披露宴会場に問い合わせをしてみるのも一案です。
参列者用に、新札を準備しているところもあるようです。

あるあるその7:家賃を払おうと銀行から下ろしたのに、ほかのものに使ってしまう

銀行から下ろしたお金を、目的以外のことに使ってしまい、必要な支払いに充てられなくなってしまった、という話は、相談者の方からもよく耳にします。
お財布にお金が入っていると、支払う予定があると分かっていてもつい気が大きくなってしまい、使ってしまうという人がいます。

そんな時は、まずは、支払いの予定のあるお金は下ろしたらすぐに封筒に入れるなどして、お財布のお金とは別にしておきましょう。ATMの横に、現金を入れられる封筒が置いてありますよね。あれを利用します。
ほんの小さな工夫ですが、意外と効果的です。

あるあるその8:キャッシュレスで財布持たなかったら保険証がなくてピンチ

スマートフォンアプリによるQRコードやバーコードでの決済、電子マネー、デビットカードやクレジットカードなど、キャッシュレス決済が進んでいます。
そんなキャッシュレス決済が当たり前になることで、ちょっとした買物なら財布を持たずにでかけられるようになりました。スマートフォンには決済アプリ、スマートフォンケースのポケットにはクレジットカードやデビットカードを入れておけば、たいていのことには対応できます。

ところが、でかけたついでに定期的に通院している眼科クリニックに寄ったところ、保険証がないことに気づいてピンチ!
眼科クリニックでの検査や診察は健康保険診療の対象なので、通常は3割負担で済むのですが、保険証を持っていなかったことで自費での精算となってしまい、全額を支払ったという話が、家計相談の際にお客さまからありました。

クレジットカードや電子マネーで決済できる病院やクリニックも徐々に増えてきていますが、その月の最初の受診には保険証が必要です。
別の知人からは、歯科医院での同じような体験談も耳にしましたから、よくあることなのでしょう。

そのような全額負担をした医療費は、あとで請求をすることで払い戻しを受けることはできますが、キャッシュレス決済の手軽さ以上に手間がかかってしまいます。
今後、キャッシュレス決済がさらに進んでいっても、保険証や免許証などの携帯忘れには十分気をつけたいものです。

あるあるその9:リボ払いの残高が減っていかない

クレジットカードのリボ払いは、上限額の範囲内なら、その月にいくら利用しても支払額が一定です。そのため負担が軽く便利だと感じてはいないでしょうか。
リボ払いを、返済すべき残高を管理せず利用し続けると、残高が増え続け返済の終わりが見えなくなってしまいます。
また、返済期間が長くなるほど、金利手数料が高額になり最終的な返済金額が増えていきます。

そのような状態のときは、まずはリボ払いの利用をやめ、少しでも早く返済しましょう。
貯蓄があるなら、一時的に貯蓄額が減ることになってしまっても、返済してしまう方が良いでしょう。全額貯蓄で返済することが難しいようであれば、毎月の返済額を可能な金額まで増やして、少しでも短い期間で返済を終えるようにしましょう。
そうすることで、最終的に返済する金額が少なくて済みます。

あるあるその10:クレジットカードで買物したのはいいけれど、返済が追いつかない

クレジットカードでの買物は、メリットが多くなっています。
たとえば、大きな金額の現金を持ち歩く必要がなかったり、カード会社独自のポイントがついたり、さらに消費税引上げに伴う「キャッシュレス・ポイント還元事業」制度の対象となる店舗では、ポイント還元があったりなど。

一方で、カード会社の締日や請求日、利用した額を正確に把握していないと、届いた請求書の金額に驚いてしまいます。
しかし、利用明細を見ると確かに買った記憶のあるものばかりで、結局、貯金を取り崩して支払いをする、ということになりかねません。

クレジットカードは利用と支払いのタイミングが異なるため、管理をすることが難しくなり、あいまいになりがちです。
そこでオススメなのがデビットカード。デビットカードなら、利用と同時に預金口座から利用金額が引き落とされます。口座残高が利用上限となるため、使いすぎを防げます。
また、通帳やネットバンクで利用料金を確認することもできるので、家計管理がしやくなるでしょう。

まとめ

「お金にまつわるあるある事例」として10のケースをご紹介しました。洋服や本、筆ペンなど、すでに持っているにも関わらず、管理の行き届かなかったことによる無駄な出費から、クレジットカードによる無計画な利用で支払いが苦しくなる、など深刻な事態になりかねないケースなど見てきました。
こうしたことを少しでも減らして上手にお金と付き合っていくには、まずは毎月の収支、とくに支出の把握をすることが必要です。

収入と支出のバランスが管理できるようになってくると、必要な支出の予定が見えてきます。「お金に困った」ことができるだけ起きないよう、日頃から思いつきではなく計画を立てた上で、お金を使うようにしたいものですね。

田中友加

「自分らしい生き方」を応援!お金のパーソナルトレーナー 自動車販売業に従事した後、税理法人にて経営コンサルティング業へ。その後、IT関連会社を設立、取締役に...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事