女性を手厚くサポート!女性専用がん保険

保険

毎年多くの人ががんで命を落としていることもあり、老若男女問わず注目を集めるがん保険。女性の方でがん保険への加入を考えている場合は、女性特有のがんや病気を手厚くサポートする女性専用がん保険についても知っておいた方がいいでしょう。

通常のがん保険と女性専用がん保険の違い

通常のがん保険と女性専用がん保険は、どのような違いがあるのでしょうか。TVや雑誌でも、女性専用がん保険について紹介しているケースは年々増えており、注目されています。女性専用がん保険の1番の特徴は、乳がんや子宮がん、子宮頸がん、卵巣がんなどの「女性特有のがんに対しての保障がある」ことです。胃がんや大腸がん、肺がんなど、一般的ながんに対しての保障もありますが、女性特有のがんに対してはさらに手厚い保障が受けられます。

女性専用がん保険のメリット

女性専用がん保険には、通常のがん保険にはないメリットがたくさんあります。商品によっても違いはありますが、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんにかかった際の保障金額が、通常のがん保険よりも多いです。入院給付金が通常の2倍近くあったり、がんの治療のための手術を受けた際は、通常時よりも多くの給付金が受け取れます。また、保障されるのは女性特有のがんだけでなく、子宮筋腫や出産時の帝王切開や流産、妊娠中毒症などの際も保障を受けられます。また、女性専用がん保険の場合、一定の期間が終了すれば健康祝い金などのボーナスも貰えるものが多いです。月額保険料は通常のがん保険よりも若干高くなりますが、保障の幅広さや手厚さなど女性にとっては嬉しい特徴が多く、安心できます。

各保険会社の女性専用がん保険の特徴

各保険会社から女性専用がん保険が提供されており、各商品さまざまな特徴を持ちます。ここでは、注目されている女性専用がん保険の中から、オリックス生命、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、アクサダイレクト生命の3つの商品を紹介します。オリックス生命の「新CURE Lady」は、女性特有のがんや病気による入院の際は入院給付金が上乗せされ、がんと診断された場合や入院、通院の際は一時金・給付金がそれぞれ支給されます。入院の有無に関わらず約1,000種類もの手術が給付対象となっており、手頃な保険料でしっかりと安心できます。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「フェミニーヌ」は、女性特有のがんや病気で入院した際の給付金が上乗せされるだけでなく、三大疾病は支払日数無制限で保障を受けることができ、3年ごとに15万円の生存給付金まで受け取れますので貯蓄性もあります。アクサダイレクト生命の「がん終身女性プラン」は、がんにならなかった場合、5万円もしくは10万円のボーナスを3年ごとに受け取ることができ、抗がん剤による治療や先進医療にかかる技術料のサポートもあります。他にも多くの保険会社の女性専用がん保険があり、特徴が異なりますので、自分に合った商品を選ぶことも大切です。

女性専用がん保険は、女性特有のがんや病気に対する保障が厚く、数年おきにボーナスが出るなど嬉しい特典も付いています。これからがん保険への加入を考えている方は、ぜひ検討してみてください。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事