気になる住宅ローンの諸費用! 賢い節約法とは?

気になる住宅ローンの諸費用! 賢い節約法とは?
マイホーム・住宅ローン

住宅ローンを組む時には、いろいろなことが気になります。種類や金利、返済期間など…何から相談すればいいのかわからないこともたくさんあります。その中でも重要な問題となるのが、借り入れの際の諸費用です。一体全部でいくらかかって、何を節約することができるのでしょうか?

住宅ローンの諸費用とは? いくらかかるの?

気になる住宅ローンの諸費用! 賢い節約法とは?

住宅ローン借り入れの際にかかる諸費用は、目安として100万円程度。ローン事務手数料が3万円程度、登録免許税が3万円程度、司法書士への報酬が8万円程度などが内訳になります。中でも大きなウェイトを占めているのが、60万円程度かかる「保証料」と15万円程度かかる「火災保険料」です。

「保証料」が高い理由

気になる住宅ローンの諸費用! 賢い節約法とは?

保証料は、住宅を購入した本人がローンを返していけなくなった時に、保証会社に代わりに残額を支払ってもらうために払うお金です。つまり、連帯保証人の役割を保証会社に負ってもらうための手数料ということになるため、その性質上高額になってしまうのです。

「火災保険料」が高い理由

気になる住宅ローンの諸費用! 賢い節約法とは?

火災保険には様々な補償があります。火事をはじめとして盗難、浸水、土砂崩れなど、それらに対する補償がすべて一緒になっている場合、必要以上に保険料が高額になってしまうことがあるのです。

節約するには?

気になる住宅ローンの諸費用! 賢い節約法とは?

保証料の金額は銀行によってまちまち。最も確実な方法は、銀行ごとに比較して保証料が最も安いところを選ぶことです。ただ、保証料だけでなく金利や手数料なども含めた総返済額がいくらになるかまで視野に入れることが大切になります。一方、火災保険料を節約するのに有効な方法は、自分にとって本当に必要な補償だけを選ぶようにすること。購入した住宅の周辺をきちんと調べ、起こる可能性の高そうな災害に備える補償だけを選ぶようにしましょう。

きちんと比較!しっかり見積もり!

気になる住宅ローンの諸費用! 賢い節約法とは?

お得にマイホームを手に入れるには、賢い節約が不可欠。しっかりと比較・見積もりをして理想のマイホームをゲットしてくださいね!

moneliy編集部

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投...

プロフィール

関連記事一覧