効率的に資産運用について知りたい人におすすめしたい本はこれ!

資産運用

資産運用には投資、金融、不動産などさまざまな方法や手法、分野があります。それぞれの特徴や仕組みを知るためには漠然と資産運用について考えるよりも、個々の資産運用について知ることが大切です。今回は多岐に亘る資産運用が短期間でわかる、おすすめの本を紹介します。

投資・資産運用の基本を学べる本

資産運用や投資についてお金の仕組み、流れ、全体像について知りたい人におすすめの本は「超簡単 お金の運用術」と「銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ」です。この2冊は資産運用の入門書としても適している内容です。お金との向き合い方や付き合い方を一から学べる本として、定評があります。また理論や知識を知るだけでなく、すぐに実践できる方法が多く紹介されているのも初心者に嬉しいポイントです。資産運用や投資において、実践は不可欠です。気になったときにすぐにできること、したほうが良いことが丁寧に描かれているので、資産運用を本気で始めたい人に役立つ内容が詰まった本となっています。

金融商品について学べる本

資産運用の代表格とも言えるのが金融商品です。しかしリスクや失敗があるため気軽に始められない、何をしたら良いのかわからないという人が多い分野です。金融商品で必要なことは、全体的なお金の流れや商品としての性質を知ることです。これらの知識を効率的に学べる本として「『株』『投資信託』『外貨預金』がわかる基礎の基礎講座」と「株の学校」があります。難しい金融商品についてわかりやすく書いてあるため、専門知識がなくても読んで理解できる内容として多くの人に支持される本です。

不動産投資について学べる本

資産価値が大きく変動しにくい不動産は資産運用の中でも、特におすすめの運用方法です。しかしそのような安定が期待できる不動産でも、成功のためのコツやポイントを知らないと大きな利益を逃してしまうこともあります。「コインパーキングで年1200万円儲ける方法」と「世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生」には不動産投資のノウハウだけでなく、初心者が陥りがちな失敗や考え方について紹介してあります。入門書や教科書として不動産投資を行う前に、一度は読んでおきたい書籍です。

まとめ

今回紹介した書籍はいずれも、わかりやすさと実践しやすさの点で資産運用の入門書として定番の書籍です。資産運用は難しい、専門知識がないと失敗しそう、などの不安がある人にこそ一読の価値がありますよ。

関連記事一覧