11月5日はFPの日。30代独身女性が見つめ直したいお金のこと

資産運用

日本FP協会は毎年11月第一土曜日を「FPの日」と定め、全国各都道府県でマネー関連のセミナーや相談会を開催しています。そこで今年の「FPの日」11月5日に向けてお金の事を考えてみましょう。

まずは支出をチェック

暮らしの中で改めて支出しているお金のことを考える機会は少ないのではないでしょうか。しかし、将来の自分の生活を安定させるためには現状把握は欠かせません。特に貯蓄や投資に回せるお金がなかったり、少なかったりすると将来は赤信号です。
赤信号を青信号に変えるためには何にどのくらいお金を使っているか洗い出してみることが大切です。支出の金額が妥当か?無駄はないのか?節約はできないのか?などを考えながらお金の整理整頓をしてみましょう。
自分のお金の使い方を知ることで少し未来が見えてくるはずです。

なりたい自分になるために、将来のことを考える

では、あなたは将来どんな自分になりたいのでしょうか?
なりたい自分になるためにはお金も必要になってきます。そこで、まずは将来の自分やライフスタイルをデザインする時間を取りましょう。1年後にはこうなりたい、10年後はこうなりたい、老後はこうなりたいというように時間軸を意識しながらイメージを膨らませ、それに伴う費用がどのくらいかかるのかも調べてください。予算立てをしないと、なんとなく過ごしてしまいますが、予算立てをすると、何をしたらよいか明確になります。そこが明確になればなりたい自分に近づいたといっても過言ではありません。
自分一人で整理するのが大変ならば、ファイナンシャルプランナーに相談するのも一つの手です。

実現のための手段は?

次にお金をどのように活かしたら良いのか考えてみましょう。
●貯蓄
まずは、お金の基本中の基本の貯蓄です。この貯蓄をするためのコツは、無駄を省いたり節約することを楽しめるようになったりすることです。1駅分歩いてその分貯金箱に入れるとか、寝る前に財布チェックして500円玉貯金をするなんて方法があります。また、お給料を貰ったらまず貯蓄を確保して残ったお金を使う習慣を付けましょう。これらが出来れば将来のお金の心配はずいぶん軽減されます。そして、貯蓄は比較的近い未来に役に立ったり、突然の出費の強い味方になったりします。

●投資
投資は今日明日増やすというような投機でなく、じっくりお金を育てていくという意識で取り組みましょう。応援したい会社の株を買う、将来を見据えて不動産投資をしてみる、税金の事を考えながらNISAを始めてみる、老後資金を増やすためにiDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみるなどがあります。「FPの日」には投資についての無料セミナーもたくさん開催されますので参加して勉強してみるのも良いでしょう。

●自分磨き
貯蓄や金融資産への投資ばかりではなく自分のためにお金を使うこともなりたい自分になるためには必要となります。資格や学びの費用、趣味の費用もその時は支出でも後で大きく自分にプラスになって跳ね返ってくることもあります。ただし、自分へのご褒美的な使い方は散財につながるので注意も必要です。

まとめ

お金は急に湧いて出てきません。自分のやりたいことがお金がなくて出来ないというのは非常に悔しい思いをすることになります。毎年、「FPの日」周辺でお金のことを考える習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?

廣木 智代

1,748 views

ファイナンシャルプランナー(CFP) 結婚後、家業のスナックで手伝いをしていたが母の引退と共に廃業。家計の苦しさを埋めるための我が家の保険の見直しをきっかけ...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事