職場環境改善化!女性上司と上手く付き合うためのコツ3つ

ライフ

現在、多くの女性が管理職を担い、ビジネス社会を牽引しています。しかし女性上司の下で働く人の中には、女性上司との人間関係が上手くいかない、付き合い方がわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、女性上司と上手く付き合うためのコツをまとめました。

コツ1:接しやすいからと言って、公私混同はNG!

管理職の女性は、細やかな気遣いができる人が多いのが特徴です。例えば、部下の仕事が行き詰まっていることを察知して声をかけてくれたり、職場の人間関係の悩みを聞いてくれたりなど。そのため男性上司に比べて、女性上司の方が接しやすいと感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、女性上司がいくら話しやすいからと言って、ラフな言葉づかいになってしまったり、プライベートに踏み込んだ質問や相談をしてしまったりするのは好ましくありません。なぜなら、女性上司は仕事とプライベートをしっかりと区別している人が多いから。

例えば、「〇〇さんって彼氏いるんですか?」などの馴れ馴れしい発言は要注意!女性上司と距離を縮めようと思ってした発言でも、実際にはあなたの評価を下げてしまっているかもしれません。

また女性上司は、オン・オフの切り替えがハッキリしている人が多い傾向のため、プライベートな話題を仕事中に持ち出すことに対して、強い嫌悪感を抱くケースもあるようです。よくあるのが、勤務中に仕事仲間で行った飲み会の話で盛り上がるなど。

このようなプライベートの話は女性上司からふられたときのみ反応し、自分からは発信しないほうが無難です。ともあれ、女性上司と上手く付き合うためには、公私混同しないことがコツといえるでしょう。

コツ2:男尊女卑の考え方はご法度!

女性上司は、男尊女卑の発言や考え方に敏感な人が多いのが特徴です。男尊女卑な発言とは、「女性なのに…」「女性だから…」など、女性の性別を特別に意識したもの。

現在は性別関係なく、優秀な人材が上に立つ時代になりつつありますが、やはりビジネス社会はまだまだ男性優位な状況でしょう。そんな中、努力を惜しまず出世し、管理職を担っている女性上司の中には、男尊女卑の考え方が許せない!と思っている人も多いそうです。

また男尊女卑の発言は、女性を蔑むようなネガティブなものだけではありません。例えば、女性特有の体調不良を気遣うなど、良かれと思ってかけた言葉に対しても差別的発言と取られてしまう可能性もあるので注意が必要です。

女性上司と上手に付き合うには、性別に捕らわれず、一人の人間として接することが重要なのではないでしょうか。

NEXT:「コツ3:◯◯を心がける!」

上田テントウ

製薬会社営業からライターへ転職。 性格は亥年生まれのせい?か、何事においてもひたすら前に突き進む猪突猛進タイプ。 鮮度の高い情報をロジカルかつ丁寧にお伝えで...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事