1度は食べたい!銀座の街にふさわしい、品のいいスイーツ3選

趣味・美容

銀座は古くから質の高いものがそろう街として大人の女性に人気です。そんな銀座は服やバッグだけでなく、スイーツも質が高いものが集まります。そこで今回は銀座で一息つきたいときにおすすめの、品のあるスイーツをご紹介します。

「銀座千疋屋本店」

千疋屋、この名前を知らないはいないのではないでしょうか。日本で古くから多くの人に愛され続けているフルーツパーラーです。ですのでフルーツの質は日本一と言っても過言ではありません。そんな千疋屋では旬のフルーツを贅沢に味わうことができる「銀座パフェ」がおすすめです。このパフェに使用される生クリームはフルーツの甘味や酸味を引き立てるように配合されているなど、フルーツをおいしく味わうために細かなこだわりがなされています。
パフェにトッピングされるカットフルーツもその時の旬のフルーツを使うため季節によって異なります。同じメニューでもお店を訪れるたびに少しずつ変わってくるこのパフェは何度行っても、新しい味を楽しむことができますよ。

住所:中央区銀座 5-5-1 2F
営業時間:月~土 11:00〜20:00  日祝 11:00〜19:00
定休日:年末年始

「和光アネックスティーサロン」

オープン直後から行列ができることもしばしばある人気のお店、和光アネックスティーサロン。ここでは「チョコレートパフェ」などが有名ですが、他にもレベルの高いスイーツが目白押し。そんな中でも、クリームブリュレがおすすめです。上のパリパリの部分をスプーンで割ると、とろとろのクリーム部分が。牛乳、卵、生クリームというシンプルな食材でできたとろとろのクリームは食べると、口の中にふわっとどこか懐かしいやさしい甘味が広がります。ブリュレの上にのっているコンポートやシャーベットなどと一緒に食べると、また雰囲気が変わりまるで別のデザートのようになります。ひとつのスイーツで何度も違う味が楽しめるクリームブリュレは、ほっとした気分になりたいときにおすすめです。

住所:中央区銀座 4-4-8 和光アネックス 2F
営業時間:【月曜~土曜】 10:30~(L.O.19:00) 【日曜・祝日】 10:30~(L.O.18:30)
定休日:無休(年末年始を除く)

「銀座メゾンアンリ・シャルパンティエ」

まるで高級ブランド店のような外観がひときわ目を引くこちらのお店。シェフが目の前で作っているところを見れるということも大きなポイント。そんなこちらでおすすめなのは、お店の看板スイーツであるクレープジュゼットです。食べ歩きなどでよく好まれるようなフルーツと生クリームを包んだようなクレープとは異なり、こちらはもちもちのクレープ生地を、バター、オレンジ果汁、リキュールなどと一緒にフランベをした、一風変わったもの。見た目はふかひれの姿煮のようなシンプルな見た目ですが、味はとっても芳醇で滑らかな舌触り。いままでに食べたことのないスイーツにであうことができます。

住所:中央区銀座2-8-20 ヨネイビル1階・B1階
営業時間:
[月~土]
11:00~20:00(ブティック)
11:00~20:00(L.O.19:30)(サロン・ド・テ)
15:00〜23:00(バー)
[日・祝日]
11:00~20:00(ブティック)
11:00~20:00(L.O.19:30)(サロン・ド・テ)
13:00〜20:00(バー)
定休日:元旦

いかがでしたか

銀座の街によく似合う品の高いスイーツをご紹介しました。どれもシェフやお店のこだわりがたくさんあり、もっともおいしい状態を追求したスイーツばかり。ショッピングの最中の一息つきたいときや、休日の贅沢プランのひとつとしていかがでしょうか。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事