日焼け止めのPAやSPFはどんな意味?おすすめの日焼け止めもご紹介

趣味・美容

梅雨が明けると本格的に夏がやってきます。そんな時に気になるのが紫外線。早い方はすでに対策をされているかもしれません。今回は、紫外線がもたらすこと、一般的な紫外線対策である日焼け止めのPAやSPFなど今更聞けない情報、さらにオススメの日焼け止めをご紹介します。

「PA」とは

日焼け止めに記載してある「PA」とは一体どんな意味があるかご存知ですか?PAとは紫外線A波を防止する効果のことで、表記してある+が多いほど効果があります。紫外線A波とはシワやたるみなどを引き起こす種類の紫外線。窓ガラスや雲も通り抜けるので、曇りの日や室内でも気を抜けません。さらにこの紫外線A波は1年中安定的に降り注いでいるので、毎日きちんと紫外線対策をしておきたいですね。

「SPF」とは

紫外線B波は「レジャー紫外線」とも呼ばれ、肌が赤くなる日焼けを引き起こします。またそれだけでなく、シミやソバカスを引き起こす原因にもなります。そんな紫外線B波を防ぐ効果があるのがSPFです。SPFの後に続く数字が大きいほど効果が高くなります。
この数字は、紫外線が当たった時から日焼けをするまでの時間を、平均の何倍遅くできるかということです。例えば、SPF30なら日焼けするまでの時間を30倍遅らせることができる、という意味になります。もちろん数字が大きくなればなるほど日焼けまでの時間を遅らせる効果はありますが、定期的に塗り直さなければ結局日焼けしてしまうということをお忘れなく。

おすすめの日焼け止めはこれ

最近ではたくさんの種類の日焼け止めが発売されています。その中からオススメの日焼け止めをご紹介します。気になるものがあればぜひ、調べてみてください。

・ジェルタイプ
こちらは日焼け止めのベタつく感じが苦手な人にオススメです。他の日焼け止めだと、塗った後にベタついたり、なんとなく膜を張っている感じで気持ち悪いと感じる方が多いと思います。しかしジェルタイプの日焼け止めだと、塗った時にまるで水のようなさっぱり感があり、伸びもいいです。全身に塗ってもベタつきが気にならず、さらっとしています。ジェルタイプのものだとSPF30のものが多いのですが、こまめに塗り直しても気になりません。

・スプレータイプ
こちらは手を汚したくない、ストッキングやメイクの上からや髪の毛にも日焼け止めを塗りたい、という方にオススメです。スプレータイプなので、手を汚すことなくサッと吹きつけることができます。また肌に直接液体がつかないので、メイクの上からでも、ストッキングなどの上からでも心配ありません。気になった時にサッと手軽に塗ることができるというところが最大のポイントです。

・飲むタイプ
最近注目されているのが、飲むタイプの日焼け止め。サプリメントのようなもので、モデルさんの中でも愛用している人が多いのだとか。1回飲めば大丈夫ということは少なく、毎日継続して飲み続けることで効果を発揮するものがほとんどです。続けることで費用はかかってしまいますが、飲むだけなので簡単ですよね。通販やドラックストアなどで購入できるものもあるので、気になる方はぜひ試してみてください。

日焼け止め以外でできるUV対策

ここまで日焼け止めの話をしてきましたが、日焼け止め以外にも紫外線対策(UV対策)をすることができます。
目から入る紫外線を防ぐことができるメガネやサングラス、髪への紫外線を防ぐことができる帽子、日傘。他にも紫外線対策機能のあるカーディガンなどの羽織りものは、エアコンの効いた室内で防寒具の役割も果たすので1枚持っておくと便利です。

いかがでしたか

これからの季節の大敵である紫外線。仮に今は大丈夫であっても、10年後にはケアしている人とそうでない人では大きな差が出ると言われています。10年後に後悔することのないよう、しっかり対策をしておくことをおすすめします。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事