• HOME
  • 記事一覧
  • マネーケア
  • 新規参入が続々!群雄割拠のスマホ(キャッシュレス)決済はどれを選ぶべきか 各サービスを徹底比較

新規参入が続々!群雄割拠のスマホ(キャッシュレス)決済はどれを選ぶべきか 各サービスを徹底比較

マネーケア

現金を使わずに買い物や支払いを済ませる「キャッシュレスサービス」。
そのキャッシュレスサービスに、クレジットカード、電子マネーに続き、スマホで決済を行う「スマホ決済アプリ」が登場し、急激に盛り上がっています。あなたはもう使ってみましたか? 使うなら、どれを選びますか?

今回は、スマホ(キャッシュレス)決済の基本とキャッシュレスサービス各社の特徴をまとめました。

【J-Coin Pay、メルペイ……新しいキャッシュレスサービスが続々登場!】

2018年末、「PayPay(ペイペイ)」のキャンペーンで話題になったスマホ(キャッシュレス)決済アプリ。その勢いは2019年に入っても、新しいキャッシュレスサービスが続々と登場しています。

たとえば、みずほ銀行の「J-Coin Pay(ジェイコインペイ)」はメガバンク発のスマホ(キャッシュレス)決済アプリ。みずほ銀行や参画金融機関の預金口座からチャージすることで、送金や決済がスマホだけでできるようになります。

フリマアプリのメルカリの「メルペイ」は、メルカリでの売上をチャージして店舗で使えるスマホ(キャッシュレス)決済アプリです(チャージも可能)。メルカリのサービスに根ざしたユニークなスマホ決済アプリだといえるでしょう。

さらに、auの「au PAY」、セブンイレブンの「セブンペイ」、ファミリーマートの「ファミペイ」といったスマホ(キャッシュレス)決済アプリも今後スタート予定。キャッシュレスサービスは、ますます活況を呈しているのです。

【群雄割拠のスマホ(キャッシュレス)決済、いったいどんなもの?】

スマホ(キャッシュレス)決済アプリは文字どおり、スマホを使った決済システムです。現金を使わずに買い物や支払いをできるようにするキャッシュレスサービスです。

支払いの方法には、「コード決済」と「非接触IC決済」の2つがあります。
コード決済は、QRコードまたはバーコードをスマホに読み込ませたり、逆にスマホで読み取ったりして支払いを行います。それに対し、非接触IC決済では、専用の端末にスマホをかざすことで支払いを行います。

支払いのタイミングには、事前にお金をチャージする先払い・支払いの際に銀行口座などから引き落とす即時払い・登録したクレジットカードで支払う後払いの3パターンあり、アプリによって使える方法が異なります。

アプリの中には、友達など他のユーザーとお金をやり取りできる個人間送金のサービスを提供しているところも。離れたところにいても、スマホだけでお金のやり取りができて便利です。

【主なスマホ(キャッシュレス)決済アプリ、各サービスをチェック】

スマホ決済アプリには、どんなものがあるのでしょうか。すでに広くサービス展開しているものから、主な各社の特徴をまとめました。

●主なスマホ(キャッシュレス)決済アプリの例


※1 期間限定のキャンペーンを除いた、通常時の還元率
※2 他にも多くの店舗で使えます。詳しくは各社Webサイトをご覧ください。
2019年3月4日現在

大々的なキャンペーンで一躍有名になったのが「PayPay(ペイペイ)」です。2018年12月に行われた「100億円あげちゃうキャンペーン」では、支払い金額の20%または全額を還元。わずか10日で還元額が100億円に達したため早々に終了となりました。本稿執筆時「第2弾100億円キャンペーン」も実施されています。使える店舗を地図で検索できるのも便利。店舗も続々増えています。

メッセージアプリ「LINE」が提供する「LINE Pay」はすでにつながっている仲間同士で使うのに便利です。飲み会の費用を頭割りで支払える割り勘機能も用意されています。LINE内にあるアプリなので、改めてインストールする必要がなく、お手軽です。20%還元のキャンペーンが行われたり、割引クーポンが発行されたりすることもあります。

「楽天ペイ」、楽天といえば楽天スーパーポイントでしょう。買い物のたびにたまる楽天スーパーポイントは、店舗でも使えますし、楽天市場をはじめとするさまざまなネットサービスでも利用できます。

「Origami Pay(オリガミペイ)」には店舗で使えるポイントの還元はないのですが、利用店舗の多くで直接割引が受けられるのが特徴。キャンペーン時には半額になる品物もあります。通販サイトのように、アプリ内で商品を見て割引購入できるのもユニークです。

おサイフケータイ・Apple Pay・Google Payはいずれも非接触IC形式のキャッシュレスサービスです。お手持ちのクレジットカードや電子マネーなどを登録して使います。
ただし、これらはスマホの端末によって利用できるか否かが決まります。
おサイフケータイは「FeliCa」という技術に対応したスマホ・端末、Apple PayはiPhoneなどアップル社のスマホ・端末、そしてGoogle PayはAndroidのスマホ・端末のみが対応しています。なお、おサイフケータイは海外では使えません。

【まとめ】結局、どのキャッシュレスサービスを選ぶ?

各社の特徴を見て一番気になるのは、ポイント還元や割引率の高さだと思います。短期的に見れば、ポイント還元や割引率の高さで利用してみるのは良いでしょう。しかし、キャッシュレスサービス選びのポイントは「自分がよく使う店やサービスなどで利用できるかどうか」「長期的に使い続けられるものか」です。
いくらお得なアプリでも、自分が使える機会がほとんどなかったり、短期間でサービスが終了してしまったりするのでは意味がありません。また、アプリがお得だからといって、普段行かない店で無理やり物を買うようでは本末転倒です。

スマホ(キャッシュレス)決済で一枚ウワテなのは、LINEかと思います。LINEは現在、月間アクティブユーザー数が7600万人以上と驚異的な数字を誇っています。また、LINE PAYは、コミュニケーションアプリ上の付属物としてあるので、LINEアプリの「ウォレット」タブから選択することになります。わざわざ別のアプリを起動せずとも、LINEアプリの中で完結してしまうのは大きな強みでしょう。

とはいえ、どのアプリも無料で使えますので、まずはインストールして、使ってみてはいかがでしょうか。そのなかでよく使うもの、使い勝手のいいものを選んでいけばいいと思います。

頼藤 太希

(株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Mone...

プロフィール

関連記事一覧