4章第2話:「2年越しの再会」/恋する3センチヒール

恋する3センチヒール

玲奈と離れている間に資産形成を学んでいった俊明。
2年の間に二人はどう変わったのか。
前回 4章第1話:「2018年5月」

4章第2話「2年越しの再会」

表参道。A2出口。
朝から、やっと時計の針が19時に近づいた。
約2年振りの俊明くん。
出口に向かう階段を一段ずつ上がっていく。
私の胸の高鳴りと、階段を上がっていく速度は比例していた。

「玲奈さん」

階段を上がりきったところのすぐ横に、俊明くんは立っていた。
右手を挙げて、微笑んだ俊明くん。
着ているスーツも、鞄も、靴も、この2年間ですっかり大人の余裕を醸し出している。


「俊明くん、なんか変わったね」

前は、ヘラヘラしていたのに、全体的に凛々しくなった。

「2年間で、酸いも甘いも経験した結果です。玲奈さんも…」

まじまじと、足元から頭のてっぺんまで私を見た俊明くんは、顎に手をあてて黙った。

「えっ。なになに?」

「お店、予約してあるので行きましょうか」

「えー…」

歩きだした俊明くんを不満そうな顔でみると、俊明くんは真面目な顔をして答えた。

「秘密を作りたくなる相手って、多分特別です」

「どういう意味?」

「嫌いか、好きか、の二択じゃないですか?」

こちらを伺うようにして、俊明くんは悪戯っぽい笑みを浮かべた。

私は、この場に適した言葉を思いつくことが出来ず、頬を少し膨らませて、俊明くんを見ることしか出来なかった。

「東京に戻ってきて、バタバタしちゃってさ。なかなか連絡出来なくて、ごめんね」

実は、俊明くんに一番に連絡をしたかった。
けれども、自分から連絡する勇気が出せなかった。

【玲奈さん、東京にいますよね?会いましょう】

俊明くんからきたメッセージに、心躍らされた私がいた事を俊明くんは知らない。

「寂しかったです。連絡、待っていましたよ?」

少し大袈裟に、俊明くんは悲しそうな顔をした。
本心では無いと理解しつつも、胸がきゅんと動く。

「冗談も上手くなったなぁ」

ふふっと、俊明くんは笑っただけだった。

「なんで僕が、玲奈さんに連絡を入れたか分かりますか?」

「なんでだ?」

「なんででしょう?」

「んー。ポートフォリオの話し?」

「まぁ、良いでしょう!正解です!」

楽しそうに俊明くんは笑った。
春風が、フワッと俊明くんの香水の香りを漂わせた。

4章第3話:「ギャンブラー」

みかみ

パグ犬愛好家。 趣味は、投資。夢は、世界を虜にする小説家。

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事