結婚相手の選び方を知りたい!女性が結婚相手選びを失敗しないためには

恋愛

結婚相手の選び方一つで、女性の運命は大きく変わるものです。しかし「自分が幸せになれる人と結婚したい」と思う気持ちが強いほど、結婚相手へ求めるものが多くなってしまい、なかなか理想の人に巡り合えないこともあります。
できるだけ希望に近く、相性の良い結婚相手を見つけるためにはどうしたら良いのでしょうか?
今回は女性が結婚相手選びを失敗しないための方法を解説します。

結婚相手を選ぶ際に女性が悩むこととは?

結婚相手は、これから一生をかけて共に過ごす相手だからこそ、「この人!」と決める時には不安や悩み、迷いがないような相手を選ぶことが大切です。
それでは実際に、結婚を視野に入れた女性たちは、結婚相手にどのような悩みを抱えているのでしょうか?

経済的な不安

結婚相手への悩みで最も多い意見が、経済的な不安です。
結婚を機に新生活をスタートするため、収入などの経済的な問題は切っても切り離せないものであり、将来子どもが欲しいと思っている女性にとっては、特に大きな問題といえるでしょう。
いくら結婚したいという思いが強くても、相手の収入が少ない、または収入が安定していないなど経済的な面で不安を覚えると、なかなか結婚には踏み切れません。

お互いに愛があるか不安

結婚とは、「この人と生涯を共にしたい」という気持ちがあるからこそ成立する約束のようなもので、お互いに深い愛がなければ円満な結婚生活を送ることはできません。
生涯という長い時間を一緒に歩んでいくためにも、お互いに愛があるのかをしっかりと確認した上で結婚を決めたいという女性も多いようです。

相手の家族との相性が不安

結婚相手の家族との相性に不安があると、たとえ結婚相手自身に何ら問題がなくとも、結婚に踏み切るかどうかを悩むポイントとなってしまいます。
結婚後は相手の家族と関わる機会も増え、将来的には一緒に生活する可能性もあります。特に女性においては「嫁姑問題」といわれるように、姑との相性が合わなければ、最悪の場合離婚に発展してしまう可能性もあるので、結婚前から相手の家族との付き合い方を考えておくに越したことはありません。

価値観の違いが不安

結婚生活において、「互いの価値観」もとても重要な問題です。
生活やお金に対する価値観が違えば、互いの生活に支障をきたします。例えば相手の収入が安定していても、日ごろからお金遣いが荒い、貯金を一切しないなど無頓着な一面が垣間見えれば、将来的な不安を抱いてしまいます。
いくら相手のことを愛していても、生活のさまざまな側面で価値観の違いがあり不安が残っていれば、結婚に踏み切れないでしょう。

失敗したくない女性必見!結婚相手の選び方

女性が結婚相手選びに失敗しないためには、どういうポイントに注目したら良いのでしょうか?自分にぴったりな相手を選ぶために知っておきたい結婚相手の選び方を詳しく解説します。

結婚相手の選び方1:愛があるか

結婚相手には、どんな時も深い愛を持って接してくれる相手を選ぶようにしましょう。
また、当然ですが、相手だけでなく、自分自身が結婚相手に深い愛情を持っているかどうかの再確認も必要です。
結婚生活において「」は欠かせない存在です。互いに深い愛があるからこそ、楽しい時も辛い時も乗り越えることができ、どんな困難にも立ち向かえる夫婦となるのです。
まずは日ごろのデートや会話から、彼が見せてくれる愛情表現に目を向けてみてください。

結婚相手の選び方2:ルックスが自分の好みか

結婚相手に性格の良さを求めるのももちろんですが、相手のルックスが好みかどうかも重要な選び方の一つです。
相手のルックスが好みであれば、普段から顔や姿を見るだけで癒される上、喧嘩中でも相手の顔を見れば不思議と気持ちが落ち着いてくることもあります。
ルックスの好みは人それぞれなので、「イケメン」に捉われず好みのタイプを見つけることが肝心です。

結婚相手の選び方3: 収入が安定しているか

結婚後の生活では愛も大切ですが、お金も重要な選び方のポイントになります。
経済的な不安は、生活が不安定になるだけでなく、喧嘩の引き金ともなってしまいます。特に将来子どもが生まれた場合、産休または退職した際の生活費は、結婚相手の収入に頼ることになる場合が多いため、相手の収入だけでも生活が成り立つほど安定しているかどうかは、見極めておきましょう。

結婚相手の選び方4:価値観が似ているか

価値観の違いは結婚生活に大きな影響を及ぼします。
人間の価値観はこれまでの育ち方や生活により根付いたものであり、結婚相手に合わせて変えようと思っても、簡単に変えられるものではありません。
結婚前にお金の使い方やライフスタイル、子どもの教育方針など、相手と根本的な価値観が似ているか、しっかりと判断しましょう。

結婚相手の選び方5:お金がしっかり管理できるか

結婚してからは日ごろの生活費に加え、子どもが産まれた際の費用や老後のための資金を確保するためにも貯金が必要となるなど、お金の管理をしていかなければいけません。
たとえ相手の収入が安定していたとしても、お金の管理が不十分だと、結婚後に金銭的な問題を抱えることになるかもしれません。そのため、お金がしっかりと管理できる相手を選びましょう。

結婚相手の選び方6:安らぐ相手か

結婚後は相手と一緒にいる時間が増えるため、長い時間一緒にいても居心地が良く、心が安らぐ相手でなければ、疲れてしまいます。
恋人のようなドキドキした緊張感を持つのも良いですが、一緒にいて身も心も安らぐような安心できる相手こそが、結婚相手にぴったりな人だといえるでしょう。

まとめ

結婚相手を選ぶ際は、求める条件を挙げればキリがないという女性もいるでしょう。
幸せな結婚のためには、互いの相性が良く、相手に不満がない状態で結婚することが第一です。しかし、「出会う相手は自分を映す鏡」ともいわれます。
より良い相手と出会うためには、自分磨きも必要です。相手に求めるばかりでなく、自分の内面や外見をしっかりと見つめ、理想とする結婚相手にふさわしい自分になれているかを確認した上で、今回ご紹介した選び方を参考に結婚相手を選ぶようにしましょう。

moneliy編集部

マネリーは「マネー・投資に興味ある女性のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資...

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール