ナイキが女性のスポーツを応援 いつでも快適に楽しみたい!

趣味・美容

2020年の東京オリンピックを目前に、スポーツへの関心が高まっています。
観るだけでなく、自分でもスポーツを楽しみたい人は多いと思われ、公園などでは、ランニングを楽しむ女性の姿も多く見られます。
スポーツが習慣化すると、筋肉が増えます。うれしいことに、体の調子もよくなります。また、スポーツをすれば、汗を流してすっきりし、爽快感があります。日ごろストレスを感じている人にとっては、ストレス発散に役立つでしょう。
今回は、2019年のナイキの取り組みと、女性のスポーツ応援について解説します。

■2019年ナイキの取り組み

ナイキは、「FIFA女子ワールドカップフランス 2019」を機に、女性のスポーツ参加を掲げた施策を強化することを発表しています。
その一つとして、快適にスポーツができるウェアの発表がありました。スポーツをする女性の悩みに寄り添ったスポーツブラやショーツは、いつでも思いっきり体を動かしたい女性にはうれしいアイテムといえます。
スポーツブラは12種類の素材を使い、プロからライトユーザーまで、幅広い女性が満足できる製品を開発しています。スポーツブラ、ショーツとも、アスリートの意見を取り入れながら開発に取り組んでいるようです。

■スポーツがこれからのムーブメントに?

スポーツをすることで、心身のリフレッシュ効果が期待できます。
また、ランニングでタイムを更新できたり、ヨガのできなかった動きができるようになったりすると、自信がつきます。スポーツでの成長は、精神面でプラスに働く効果が期待できますね。
スポーツジムやスポーツクラブに所属しているのなら、スポーツを通じた仲間ができます。仕事や家族友人以外のコミュニティが持てることは貴重な財産となるでしょう。

特に女性は、健康維持だけでなく、美しい体を手に入れるために、スポーツをしている人が増えているようです。
内閣府の男女共同参画白書(2018年版)によれば、オリンピックにおける女性が参加可能な競技数とともに、女性アスリート数も増えています。2020年の東京オリンピックでは、女性の参加割合が過去最高となる見込みで、強く美しい女性アスリートを目にする機会が増えそうです。

オリンピックにおける女性が参加可能な競技数

出典:内閣府男女共同参画局「男女共同参画白書(2018年版)

また同白書では、引退もしくは引退を予定している女性アスリートを対象に、女性コーチの育成に注力していることや、女性のスポーツ実施率を上げるためのキャンペーンなどを計画しているとなっています。
さらに、スポーツをする習慣のない20~50代のビジネスパーソンに対しても、スポーツ促進に取り組んでいくようです。

■投資するならスポーツ関連銘柄にも注目

年々高まる健康志向により、スポーツをする人が増えています。また、スポーツウェアを普段着として着用したり、仕事にリュックサックで通勤したりするなど、スポーツアイテムを普段の生活に取り入れる傾向がみられます。

スポーツ用品は、もはやスポーツをするときだけの用品ではなくなってきており、市場も伸びているなど、スポーツ店での購入目的にも変化が見られます。
さらに、スポーツクラブへの入会や、スポーツウェア・シューズの購入が増加していることなど、スポーツ関連の市場が伸びています。
今後は、東京オリンピックやサッカーワールドカップの開催など、スポーツのビッグイベントが予定されています。スポーツ関連銘柄に、さらに注目が集まりそうです。

スポーツアパレル国内市場規模推移

出典:株式会社矢野経済研究所

■まとめ

女性の社会進出が増えるとともに、各分野で活躍する女性が多く見られるようになりました。
女性が一生懸命に戦う姿には、勇気をもらうことができます。汗を流す姿は、実に美しいと感じますよね。スポーツをすることは、健康のためだけではありません。楽しくスポーツができれば、人生の幸せにもつながることでしょう。(ちなみに、筆者は、クロスフィットというスポーツを楽しんでいます。)これから、強く美しい女性が増えていくのが楽しみです。

山田 香織

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、産業カウンセラー。 FP歴9年。会計事務所で11年間、経営・税務相談業務を経験した後、FP事務所を開業。 個人から...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事