毎回同じドレスはイヤ!結婚式のお呼ばれドレス代節約方法!

貯金・家計

20代半ばから30代前半は結婚式にお呼ばれする機会が多くなります。多い人になると毎月誰かの結婚式に出席して、ゲストの何人かはいつも同じ顔ぶれ!さすがに毎回同じドレスっていうのも考えてしまいますよね。今回はそんな悩める女子にドレス代節約方法をご紹介します。

なんといってもレンタルドレスが節約のコツ!

レンタルドレスにお金を払うのは、損した気分に感じるかもしれませんが、頭を切り替えましょう。結婚式のお呼ばれに買ったドレスをこれまでに何度着ましたか?年が変わると、流行も変わり、また新しいドレスがほしくなってきませんか?春の結婚式出席のために購入したドレスが、秋の結婚式のお呼ばれの時には、なんとなく雰囲気が違うかなと感じるかもしれません。結局、高いお金を出してドレスを買っても、袖を通すのは1~2回で、クローゼットの奥の方で眠っていませんか?
そろそろ、考え方を切り替えて、レンタルの利用を検討してみましょう。レンタルなら結婚式に呼ばれる度に、毎回違う雰囲気のドレスを着られるのですから、考えただけでもワクワク!結婚式に呼ばれると、ドレス代だけはでなく、小物関係の費用、美容院代に、御祝儀も加えると、かなりの出費ですよね。手持ちのバッグやアクセサリーがあるのなら良いですが、合うものがなければ、小物込みでレンタルするのも良いでしょう。なお、結婚式のお呼ばれにレンタルしたドレスの平均金額は、5,000円~10,000円未満が最も多いようです。もっと節約したいのなら、レンタルドレスの通販なら5,000円以下で借りられるところもいろいろあるので調べてみると良いでしょう。
(参照URL:http://www.mwed.jp/manuals/428/)

普段にも着回せるワンピースを選ぶ!

何度も着ないような結婚式のお呼ばれドレスにお金をかけたくないのなら、普段にも着回せるワンピースを選ぶことをおすすめします。普段使いできるワンピースなら、一万円以下で買えるものが見つかるでしょう。そんなワンピース選びのポイントをチェックしましょう。

1.シンプルが一番!
一番着回せししやすいポイントはシンプルなこと。シンプルなドレスやワンピースなら、アクセサリーでゴージャスにできるし、メイクとヘアをバッチリ決めれば、結婚式のお呼ばれでも映えるでしょう。装飾品を取れると、デートなどにも着られるシンプルで上品な装いを楽しめます。

2.普段使う色をベースに選ぶ
お呼ばれドレスの定番カラーではパステルカラーが人気ですが、普段のファッションに使わない色は避けた方が無難です。少しトーンを落としたシックなカラーやブラックの方が普段に着回しやすいでしょう。

3.光沢感がないもの
夜のパーティーではキラキラなドレスもOKですが、普段のファッションには、光沢感があるものはコーデしにくいですよね。

4.甘すぎるものは避ける
可愛いファッションが好みの方は、ついリボンやフリルがつけいたものを選んでしまいがちですが、ガーリーな服も着回せしにくいファッションのひとつ。この際、甘めは我慢した方が良いかもしれませんね。

パーティードレスの格安通販を利用する!

パーティードレスを格安で販売している通販もあります。ドレスは高いというイメージがありますが、お手頃価格で買える通販サイトをご紹介しましょう。

1.Riss(リス) URL:http://ri-ss.com/
Rissは結婚式のワンピース・ パーティードレス通販 です。エレガントで上品なドレスが揃っています。デザインもサイズも豊富に揃っているのでお気に入りの1着が見つかるでしょう!しかも、お値段も3,000円台から。中には、2,000円台もありますよ。20代の女性向きの可愛いものから、30代の女性向きのちょっと大人っぽいドレスまで幅広い品揃えですから、迷ってしまいそうです。

2.バンビブラン URL:http://bambiblanc.com/
パーティードレスやフォーマルドレスなど、おしゃれで可愛いドレスワンピースの通販です。3,000円台からドレスが購入できます。アクセサリー、パーティーバッグ、ボレロなども充実!商品の画像も大きく、サイズも詳細に記載されているので安心して選べます。

通販で高いドレスを買うのはちょっと心配ですが、3,000台から5,000円前後なら、厳しいお財布事情でも何とか手に届く範囲ではないでしょうか?

結婚式に呼ばれるのは嬉しいですが、何かと出費が多いのは悩みの種ですね。おしゃれはしたいけれど、できるだけ節約したいのなら、ぜひレンタルや格安の通販を利用してみて下さいね。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事