女性は貯金なしで結婚しても大丈夫?発生するリスクをチェック

貯金・家計

女性が結婚するにあたって、貯金なしでも問題ないのでしょうか?相手の方が裕福で、というのであれば話は変わってきますが、結婚式の費用を始め、何かと入り用になることも多いはず。もし貯金0のままで結婚に踏み切ってしまったら…。その時に起こりうるリスクを紹介します。

結婚すると決まったらこんな費用がかかる

まず結婚に関わる費用について見ていきましょう。
結婚するといっても、式の費用だけあれば良いという問題ではありません。例えば結婚前に結納を行うのであれば、その資金。結納ほどでなくても、家族や親戚の顔合わせは必要ですから、その会食費用が必要です。
また結婚後は、夫婦2人だけで暮らす人もいるでしょう。その場合は新居の購入や賃貸にかかるお金も入り用ですし、何かあった時用に余分な蓄えも用意しておきたいところ。
結婚式への費用では、プランによってある程度コストを抑えることもできますが、親族など参加者も恥ずかしくないと思えるようなところを選ぶ必要があります。グレードを安易に下げられないのも結婚ならではの特徴です。

女性が妊娠中や育児中に働かなくて借金を返せる?

貯金がないまま結婚をした場合、費用は借金することになりますが、きちんと返済しきれるのでしょうか。
共働きだから大丈夫という方も、いずれ子供を望んでいるなら油断できません。
女性は妊娠や出産によって、短期間でも仕事を休む必要が生じます。子どもがある程度成長すれば、実家や保育園などで預かってもらうことも可能ですが、それまでは男性の給料のみで生活し、なおかつ借金も返していかないといけなくなります。
収入が減ってしまっても、生活費や借金の返済額は変わらないままです。節約でもしない限り、蓄えがないまま支払い続けることは不可能です。

2人の関係にまで影響を与える可能性も

根本的なリスクとして、自分が貯金がないことを相手に話さないことが挙げられます。
結婚指輪など男性の方が負担するイメージもありますが、相談もなしに進めてしまうと支払いの際に足りず、想定していない借金を作ってしまうことも。
相手が払えると思い込んでいたと、双方が思っているのが最悪のパターンです。自分の思い込みが原因なのに、相手に責任を押し付けてしまっているんですね。資金が原因で喧嘩別れという事態になることも考えられます。結婚に関して自分たちはどの程度払えるのか、借金はいくらすべきか話し合ってください。仮に相手が、お金は気にしなくて良いと言ってくれている場合でも同様です。

リスクは必ずしも発生するとは限りませんが、貯金0で乗り切っている方は相手の理解や節約ができている場合のみ。突然運命の人に出会っても、どんどん話を進めず、まずお金を貯めることから始めましょう。

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事