結婚費用はクレジットカードで!

結婚・出産

結婚の費用で一番心配になるものが、結婚式の費用ではないでしょうか。ご祝儀を充てにしていたら思った以上に集まらなかったという話も耳にします。そんな不安を解消してくれるのが、クレジットカードでの支払いです。詳しく確認しましょう。

結婚式にかかる費用を確認しましょう

結婚式の費用といっても、式場の規模や招待客の人数、衣装や料理など費用を左右するものが多くあります。国内ウエディングと海外ウエディングといった条件の違いによっても、かかる金額はさまざまです。結婚情報誌が2015年に調査した内容によると、結婚式にかかる費用が平均352万円に対して、ご祝儀総額は平均227万円との事でした。この結果をみても費用が300万円超えることは珍しくなく、ご祝儀を使って支払うとしても足りないことが確認できます。

クレジットカード支払いがおすすめです!

結婚式費用の支払い方法は、大きく分けると「現金払い」「クレジットカード払い」「ローン支払い」の3つに分けられます。その中で「クレジットカード払い」をおすすめします。借金となるデメリットがありますが、「現金払い」と違い支払いのタイミングを先に伸ばすことが出来るので、ご祝儀を支払いに充てることが可能です。クレジットカードの種類によってポイントが付くものもあり、そのポイントを活用することも出来るので、多くのメリットが期待出来ます。

取り扱いのあるカード会社が結婚式場なのか確認しましょう

先にクレジットカード支払いのメリットについて書きましたが、そもそも、結婚式場で利用が出来るのか確認が必要です。クレジットカード支払いがあっても、自分が持っているクレジットカード会社の取り扱いがあるのか、支払い方法も分割やボーナス払いといった支払方法に対応しているのかといった、自分が気になる内容を確認することが大切です。希望する結婚式場が、クレジットカード支払いに対応していると、結婚式がより現実のものとなるでしょう。

クレジットカードの限度額に気をつけて!

クレジットカード支払いにしたら、必ず確認する必要があるのがクレジットカードの限度額です。はじめに記載したように結婚式の費用は300万円を超える金額です。通常の限度額では対応しきれないことがあります。クレジットカード会社に申告をし、限度額の引き上げが可能か必ず確認をして下さい。クレジットカード会社よっては、この月だけといった限定した期間の限度額の引き上げにも対応してもらえるので。事前に確認をしましょう。

余裕をもった利用を…。

結婚の費用は式場だけではなく、新婚旅行や新生活の為に出費が増えます。借金をしている感覚を忘れず、計画的に余裕のある利用を心がけましょう。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事