月額定額テイクアウトPOTLUCK(ポットラック)で、オシャレなランチもおトクに満足

貯金・家計

 オシャレなランチは、ささやかな贅沢です。毎日のお弁当作りも正直大変。リーズナブルで栄養のバランスがとれているランチなら、買ったほうがかえっておトクな場合も。
せっかくなら美味しくてオシャレで、でもお値段はおさえたい!こんな欲張りな希望にかなうサービスがあります。それが月額定額テイクアウトサービス。
今回は、注目を集めている、ランチの月額定額テイクアウトサービスについてお伝えします。

【ランチの月額定額のサービス、POTLUCK(ポットラック)とは】

 ランチの月額定額のサービス、POTLUCK(ポットラック)では、まず30日間有効のランチチケットを買います。
そうすると、期間内であればお好きな提携レストランのテイクアウトメニューを1食、チケットと交換ができるというシステム。

料金プランは、以下の4つです。(税別、2019年3月10日現在)
・リーズナブルなプラン 6チケット 4080円(1食あたり680円)
・一番人気なプラン 12チケット 6240円(1食あたり520円)
・お得なプラン    20チケット 1万200円(1食あたり510円)
・食べ放題プラン  2万4000円 (1食あたり400円~)

 提携レストランは、渋谷、恵比寿、下北沢、代官山、表参道などオシャレな地域のお店です。さらに、錦糸町、三田、神田、中目黒にも地域を拡大し、これからも拡大予定とのことです。

 チケットは、インターネット上で、クレジットカードで支払います。
食べたいメニューが決まったら、インターネットで受取時間を指定。あとはお店に行って、予約確認メールのスマホ画面をお店のスタッフに見せればOKです。

 1度に予約できるのは1食までですが、昼と夜の2回の予約はOKなので、1日2回利用することも可能です。
食べ放題プランなら、30日間で最大60食も食べられる計算です。

【ランチの月額定額テイクアウトを活用して、おトクに美しく】

 ランチのお悩みは、栄養バランスやお値段だけではなく、時間が限られていることもあります。
ほとんどの場合、ランチ時間は1時間ですが、その間にお店を決めて入り、オーダーを決めて、運ばれてくるのを待ち、食べたらお会計をすませ、そしてまた勤務先まで戻らなくてはなりません。
人気のお店は並んでいることもあり、そんな時には食べる時間をゆっくりとることは難しくなってしまいます。

 美味しくてオシャレなランチは、時間をかけて味わったほうが、気分も上がり午後の仕事もはかどりそうです。
さらに、時間をかける食事は、気分だけではなく、健康にもいいものです。
しっかり噛めば消化にもよく、顔の表情筋も活発に動いて魅力的な表情が生まれます。また、早食いは太りやすいとも言われています。

 ランチに時間をかけることは、気分がよくなり、仕事がはかどり、消化にもよく、表情筋も鍛えられ、太りにくい、と一石五鳥のメリットがあります。
テイクアウトのためお店まで出向く必要がありますが、受け取るだけなので待ち時間を節約できます。その分、食べることに時間をかけられるので、おトクな上にさらに美しくなれそうですね。

【月額定額(サブスクリプションサービス)は他にも】

 月額定額サービスは、テイクアウトのランチ以外にも広がっています。
一定の代金を支払っておけば、あとは追加料金などの心配もないことが人気の秘密でしょう。
インターネットで、映画や音楽のダウンロードし放題などは、利用したことのある人も多いのではないでしょうか。

そのほかには、次のようなものが定額サービスになっています。
・マンガ、小説、雑誌の読み放題
・ブランドバッグのレンタル
・洋服、アクセサリーのレンタル
・家電
・コンタクトレンズ

どれも、月の予算をオーバーせずに心ゆくまで利用したいものばかり。
月額定額サービスを活用することで、予算を守り、しかもおトクに毎日の暮らしを楽しめそうです。

【まとめ】

 月額定額サービスは、サブスクリプションサービスとも言われ、さまざまな分野に応用されています。なぜなら、買う側は予算を守れて、売る側は売り上げの予測を立てやすいので双方にメリットがあるからです。
月額定額サービスは、これからも目が離せなくなりそうです。

タケイ 啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。 36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事