万が一の災害に備える保険、チェックするならココを見る

保険

自動車保険

自動車保険は車両保険に加入していれば、事故による損害ばかりでなく、台風、竜巻、雹、雪、雷、洪水、高潮が原因で自動車が損害を被った時に保険金を受け取ることができます。

一方、補償の対象外となるのは地震、噴火、津波ですが、「地震・噴火・津波危険補償特約」を付帯すれば保険金支払いの対象となります。ただし、この特約のない保険会社もありますので注意しましょう。
また、火災保険同様、場合によっては免責金額がありますので確認が必要です。
いずれにしても災害に備えるには、自動車保険に車両保険が付帯されている必要があります。

医療保険や傷害保険

自然災害時、ケガによる入院をしても医療保険でカバーできます。
傷害保険は、ケガによる死亡や、後遺障害、入院、通院を補償してくれるタイプもありますが、基本的に自然災害によるケガは補償の対象外です。災害時のケガの補償を求めるなら「天災危険担保特約」を付帯する必要があります。
傷害保険にその特約が付帯されていれば、保険証券に記載されているので確認しておきましょう。

災害は地域差があります

自分の住んでいる地域によってどんな災害が大きなリスクになるかは違います。大雨時の水害の心配な地域、地震被害が大きくなる可能性のある地域などそれぞれです。
災害時の補償をどう準備するかを決める指標として、お住まいの地域のハザードマップを確認することをお勧めいたします。
そして、自分の住んでいる地域にあった保険にすることで、いざという時に役に立つでしょう。

あわせて読みたい
保険の見直し、見るべきポイントをFPが伝授!
3月11日、東日本大震災から学ぶ 地震保険は必要?
2020年、国民年金の保険料は月額いくら? 値上がりしても払うべき?

まとめ

自然災害は地域一帯が大きな被害を受ける可能性があります。
そんな時、誰もが自分の事で精一杯になります。自分の事は自分で守るためにも保険は重要な役目を果たします。しかし、加入のしかたで補償範囲が大きく変わります。
加入する時には保険料ばかりを気にしがちですが、自然災害にどう備えられるのかを意識して、ぜひ「防災の日」には保険の確認もしていきましょう。

廣木 智代

ファイナンシャルプランナー(CFP) 結婚後、家業のスナックで手伝いをしていたが母の引退と共に廃業。家計の苦しさを埋めるための我が家の保険の見直しをきっかけ...

プロフィール