自宅に住みながら老後資金を確保「リバースモーゲージ」とは?

マイホーム・住宅ローン

100年時代と言われる昨今、寿命が延び、少子高齢化も進む日本では、将来の年金への不安がますます広がっています。老後生活への心配が増す中、その解決策として、「リバースモーゲージ」の利用が増えています。

今回は、リバースモーゲージの仕組みとメリット・デメリットを解説します。

リバースモーゲージの仕組み

リバースモーゲージとは、自宅を担保に金融機関や自治体などからお金を借り、借りたお金は死亡時に自宅を売却することで一括返済する方法です。

リバースモーゲージは、評価額の全額を借りられるのではなく、評価額の5割〜7割の金額までが借りられるのが一般的です。死亡時に返済することが前提であり、生存中に融資枠を使い切ってしまうこともあり得るので、55歳、60歳、65歳以上といった年齢条件があります。

リバースモーゲージのメリット・デメリット

●リバースモーゲージのメリット
引っ越さなくてよいので、慣れ親しんだ愛着のある家に引き続き住み、変わらずご近所づきあいできるのがメリットの一つです。
大きな額の一時金を手にすることができ、古くなった家のリフォーム資金や老人ホームの入居金などに使えます。借り入れであるので当然利息はつきますが、毎月の返済は利息のみになります。

●リバースモーゲージのデメリット
資金使途が住宅関係に限定されている場合があるのがデメリットと言えます。
用途制限は、「自分が住んでいる家のリフォーム資金」、「老人ホームなどへの入居金」と言った感じです。金融機関によっては制限がない場合もあります。

担保評価額の見直しがある場合、土地の価格下落で借入残高よりも評価額が低くなる「担保割れ」が発生する可能性もあります。この場合は、超過分は返済の必要があります。
また、金利が上昇した場合、毎月の返済負担が増える可能性があります。

なお、リバースモーゲージの担保対象は土地がメインなので、戸建てが中心で、マンションが対象となるケースは少ないようです。また、土地が重要なので、対象地域も東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県など都市部に限定されています。

まとめ

リバースモーゲージは、子どもに住まいを残す予定がなく、新居購入やリフォームのためにまとまった資金が必要な場合、自宅を残したまま年金に加えてゆとりある生活資金が欲しい場合などに有用でしょう。
各金融機関の条件を吟味してニーズに合ったものを選び、老後資金に役立てましょう。

頼藤 太希

(株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Mone...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事