意外とカンタン!?不動産投資とは?

意外とカンタン!?不動産投資とは?
不動産投資

「もしも、私がお金持ちだったら…」誰でも一度は考えた事があるのではないでしょうか。今回取り上げるのは「不動産投資」。富裕層の方がするイメージがあるかもしれませんが、最近は、サラリーマンや公務員の方、若い女性も始めているようです。ハードルが高そうに見えて、実は案外そんなことないかも!?

不動産投資ってどんな投資方法?

最初に不動産投資について、簡単にご説明します。カンタンに言うと、建物を買ってオーナー・大家さんになるということです。始めるにはまず、マンションやアパート、戸建て住宅を購入します。その購入したお部屋や建物を住みたい人、つまりお客さん(入居者)に貸し出すことで、毎月家賃がもらえます。この家賃を収益とする投資方法です。

不動産投資のイイトコ3連発!!!

では、不動産投資にはどのような特徴があるのでしょうか。代表的な特徴をご紹介します!

1.最初の資金が少なくても始められる

「え、マンション買わなきゃいけないの!!そんなお金ないし、ムリ!!」と、最初は引いてしまうかもしれません。そんな方にも今なら「マイナス金利」が味方してくれています!あれこれ悪口を言われるマイナス金利ですが、住宅ローンの金利が低く、ローンの毎月の返済が貸して得られる家賃でほとんどまかなえてしまいます。ですから、今では会社員や公務員、若い女性が不動産投資を始めやすいというわけです。さらに購入資金は条件さえクリアできれば、頭金ナシでローンが利用できるしくみもあります。自分で将来の貯蓄を現金だけで作ろうとしても難しい世の中です。早く始めれば不動産投資最大のメリットである不労所得が早く手に入ることになったり途中で返済計画を見直せたり、余裕ができます。

2.“不動産投資を生命保険代わりにする” という発想も

1.を読んでも「でもマンションなんて買えない…」と思った方もいらっしゃるでしょう。実は、不動産投資を「生命保険の代わり」にすることができます。それが「団体信用生命保険」を利用したしくみです。この保険に加入すると、ローン債務者の方に万一(お亡くなりなられた場合や高度障害になった場合)のことが起きても、ローンの残債が無くなり、家賃を得ていただくことができます。また、売却をしてまとまった現金をつくることも可能です。既婚の方ならご家族へ収入を生む資産として、独身の方は、ご自身に万一のことがあった場合の収入を生む資産として将来への備えとすることができます。同じ金額を払うなら、おまけが多い方がいいと思いませんか?


3.「私的年金として積みたてる」という考え方も

何の問題も起こらず、退職を迎えられたあなた。でも、年金はどのくらいありますか?退職後の生活に対する貯蓄は十分ですか?不安はいっぱい。そこで、購入のときに退職と同時にローンを完済できるようにプランを組むと、ローンを完済し終えた不動産は私的年金の役割を担ってくれます。家賃収入が公的年金+αの収入となり、その後の人生を悠々自適にすごすことができるでしょう。

今の幸せな生活が続くように…

いかがでしたか?もちろん他にもメリットや特徴はありますが、それ以前に自分にはどのような投資があっているのか、確かめることも必要です。「調べるのがめんどくさい…」「勉強したいけど1人はムリ~」という人は、プロに相談したり無料セミナーへ行ってみたりするのも良いかもしれません。自分の状況に合った投資方法で、幸せな毎日が続くように準備しておきましょう。

moneliy編集部

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事