マネー初心者でもわかる!REIT(リート)ってなに?

不動産投資

投資信託の投資対象は国内外の債券や株式、不動産などさまざまです。商品ごとに特徴は異なります。今回は投資対象のひとつであるREIT(リート)とよばれる不動産投資信託について特徴や注意点について解説します。

REIT(リート)の特徴

REIT(リート)は、多くの投資家から集めた資金で、マンションやオフィスビル、商業施設など複数の不動産を購入し、それらの不動産から得られる賃貸収入や売買益を投資家に分配する仕組みとなっています。通常、年2回、投資家に配当金が分配されます。また株式市場に上場しているので、証券会社を通じて売買可能です。

REIT(リート)ならではのメリットがあります。

(1) 少額から投資ができる
実物不動産への投資となると、多額な資金が必要になりますがREIT(リート)であれば、多くの投資家から資金を集めるので1人あたりが投資する資金は少なくてすみます。よって銘柄によっては1万円などの少額から投資することができます。また同時に複数の不動産への分散投資によるためリスク分散することができています。

(2) 流動性がある
実物不動産であれば、購入するのも売却するのも契約や引き渡しなど時間を要します。一方、REIT(リート)は、株式と同じように証券会社を通じて自由に売買できるため、すぐに現金化できます。

(3) プロに任せられる
物件選びはじめ運用をプロに任せることができます。実物不動産であれば、所有不動産の維持管理など管理会社に依頼するなどの手間がかかりますが、REIT(リート)は、保有・運用をプロに任せておけるので手間はありません。

(4) 高利回りが期待できる
必要経費を除いた利益の90%を超える額が投資家へ分配されることを条件に、リートは税金が免除されることになっています。したがって、税金を引かれる前の利益を分配金として得ることができるため、比較的安定的に、かつ分配金を受け取れる仕組みになっているので高利回りが期待できます。

REIT(リート)のリスクと注意点

REIT(リート)を購入する前にリスクを把握しておきましょう。
(1) 元本や分配金の保証はない
REIT(リート)の投資対象となる不動産が、自然災害や事故などにより不動産の価値が
下がる可能性もあります。また、マンションやオフィスビルなど空室、商業施設のテナント撤退により賃料収入が得られないなどのリスクによって価格や分配金が変動する可能性があります。

(2) REITの不動産投資法人倒産リスクと上場廃止リスク
不動産投資法人が倒産した場合、投資資金はすべてゼロになる可能性があります。また、証券取引所が定める上場基準に抵触し、上場廃止になると取引が困難になる可能性があります。

REIT(リート)活用のポイント

分配金を目的とするREIT(リート)は長期で保有する向けと言えます。よってNISA(少額投資非課税制度)を利用することで分配金を非課税で受け取ることができます。

まとめ

安定した高利回りが期待できるREIT(リート)ですが、投資する際はリスクも十分に理解したうえではじめることが大切です。

今関 倫子

4,906 views

ファイナンシャル・プランナー 外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事