リスクや安定度・メリットは?不動産投資の資産運用

不動産投資

資産運用としては株や証券などが有名ですよね。しかし、その他にも不動産投資があり、会社員でも気軽にできるのが特徴的な資産運用となっています。今回は資産運用として不動産投資を見たときのリスク、安定度、メリットを紹介します。

不動産投資のメリット

資産運用は、多くの資産や資金がないとできないというイメージを持つ人も多いようです。確かに運用できるほどの資産となると、ある程度まとまった額や価値がないと効率的に資産を増やすことができない面もあります。しかし資産運用の中でも、不動産投資は少ない資産からスタートできるというメリットがあります。また、老後の経済的な安定として公的年金だけでは物足りない、もしくは期待できないという人にとって私的年金となる不動産投資は大きなメリットとなります。若い内から始めることで将来的なリスクをより軽減できる傾向にあるので、のんびり構えるのではなく早くから行動に移すことをおすすめします。

他の資産運用方法との違いは?

不動産投資の魅力は、少ない資金から始めること以外に、失敗のリスクが少ないことや安定した収入につながるという点が挙げられます。ただし、地域によっては人口減によって不動産の借り手が急激に減ってしまう可能性があるので、周囲の環境(学校や病院が近い、企業や工場がある)や立地に魅力がある物件であるかどうかは、事前に十分考慮する必要があります。需要の高いエリアや物件であれば、市場の経済動向に大きく左右されることなく、資産を安定的に増やすことができる可能性が高いです。

実際にどんな人が行なっている?

不動産投資を行なっているのは、地主さんのような人が多いイメージがありますよね。しかし、実際に不動産投資を行なっているのは30~40代が多く、その中には一般企業で働く会社員がほとんどです。特に若い世代には、少ない資産で始められて安定的な副収入になるとの理由で人気の資産運用の一つとなっています。ただし管理や投資の多くを自分で行った場合と、不動産会社に任せる場合では、得られる収入額に大きな差が出るケースもあります。そのため、最低限の知識やできることは自分で行うことが、不動産投資の成功のポイントになります。

まとめ

資産運用に興味はあるけれど、失敗やリスクが心配という人におすすめなのが不動産の投資です。他の資産運用に比べて仕組みがシンプルで、お金の流れがわかりやすいのも初心者に人気の理由ですよ。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事