4章第10話:「3ページ先」/恋する3センチヒール

恋する3センチヒール

何のために資産運用をするのか、やっと気づくことができた俊明。
俊明は玲奈に想いを告げることができるのか!!
前回 4章第9話:「エンゲージリング」

4章第10話「3ページ先」

「この前の紗愛子さん、幸せそうでしたね」

式から二週間後。
季節は、すっかり夏だった。
知人が新しいBARをオーナーとしてオープンするとのことで、俊明くんに誘われて2人で行くことになった。

「ね、大介さんも、幸せそうだったなぁ。ほんと、素敵だった」

食事は乾きものしか用意されていないということで、一軒目にイタリアンレストランで食事をした後、赤羽橋駅からBARに向かって2人で歩いた。
仕事終わりの金曜日の夜。
時間は22時を過ぎていた。

「そういえば、玲奈さんにとって良い投資先を見つけたんです」

そう言って、人通りの少ない道の端に俊明くんは歩いて行った。
東京タワーが大きく見える道の端。

「ちょっと待って下さい。今、資料をお見せします」

「えっ?今?」

「思い出した時に見せないと、忘れちゃってもいけないので」

そう言って俊明くんは、鞄から見覚えのある水色のノートを出した。

「あー!懐かしい。ポートフォリオが書いてあるやつ」

俊明くんはニコッと笑って、ノートを手渡してきた。

「なになに…?」

開くと、見覚えのあるページが出てきた。

「その3ページ先です」

見慣れたページから先のページへ。
一面白紙のページの次のページをそっと開いた。

【好きです】

飛び込んできた一言に顔を上げると、俊明くんと目が合った。

「僕は、玲奈さんのことが1人の女性として好きです。きっと今まで寂しい夜もありましたよね?これからは僕がいます。2年前から、想いは何も変わってないです。玲奈さんの人生の投資先、僕じゃダメですか?」

真っ赤な顔をしながら、それでも真っ直ぐに目を見つめて言葉を伝える俊明くん。
愛しさが込み上げた。
伸ばそうとした手と、つま先立ちをしようとした足にグッと力を入れた。

「どうしよっかなー・・・」

突然の出来事に、心臓は激しく脈を打っていた。

「お願いします。けれど、僕のことを良いと思えないのであれば、断って下さい。けれど、そうじゃなければ、僕に玲奈さんの人生を任せて下さい。幸せにします!」

頭を深々と下げてきた俊明くんの頭にツンツンと2回触れた。
答えは、最初から決まっていた。

「こんな私で良ければ、宜しくお願いします」

「えっ!ほんまに!?」

喜ぶ俊明くんの顔を両手で包み込んで、3センチヒールでは足りない分を背伸びした。

東京タワーが霞んで見えた、特別な夜。
愛を育むため、お金を運用するため、私達は価値あるものを選択し、そこに時間を費やす。
そして静かに、けれども確実に地球はまわり、私達は生きて、死んでいく。
2人で手を繋いで歩く街は、いつもよりも鮮やかな色をしていた。

「お父様以外といらっしゃるなんて、珍しいですね。彼女さんですか?」

俊明くんの知り合いのオーナーさんの一言に、顔を見合わせて微笑んだ。

「彼女じゃなくて、未来の家族です」

カウンターの下、ギュッと手を握った。

-完-

オススメ小説!
「お金もない」「愛もない」そんな崖っぷちに立つ桃夏 ももか(30歳)のリアルな日常を描いた奮闘ストーリー
NO(money+love) —私らしい人生って?—
第1話:「スムージーと私」

みかみ

パグ犬愛好家。 趣味は、投資。夢は、世界を虜にする小説家。

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事