ドコモユーザーでなくても使える!dポイント投資ってどんなもの?

マネーケア

NTTドコモが提供するdポイントカードに2018年5月16日から新サービスが加わりました。
新サービスの名はdポイント投資。dポイントで投資ができるサービスです。いったい、どのようなものなのか確認してみましょう。

dポイント投資とは

dポイントはNTTドコモが提供するポイントサービスで、ドコモ以外のお店でも、dポイント加盟店のお店やネットショッピングのお買い物などで、ためて、つかうことができます。
dポイントを利用するためには、dポイントカードかアプリからの利用登録が必要で、ドコモユーザーでなくても登録可能です。dポイントカードはドコモショップやdポイント加盟店で入手できます。またスマホから「dポイントアプリ」をダウンロードして登録すればカードなしで利用できます。

2018年5月16日から始まった「dポイント投資」は、買い物等で得たdポイントを、現金に引き換えることなくポイント自体を運用することができるシステムです。
証券口座の開設は不要で、dポイントクラブのアプリやWEBから、運用するポイント数と運用コースを選ぶだけで、その日から運用を開始することができます。

運用は、ロボアドバイザー(THEO)を手掛ける「お金のデザイン」と提携し行われます。ロボアドバイザーとは、AIやコンピューターを利用して資産運用アドバイスを行う、今注目の投資サービスです。
dポイント投資を始めると、「お金のデザイン」が運用する投資信託の運用状況に連動して日々ポイントが変動し、運用成果はアプリやWEBから確認することができます。

運用は100ポイント単位で、引き出しは1ポイント単位から可能となっています。dポイントは1ポイント=1円で使えるので、100円相当から運用が可能というわけです。
また、運用コースは株式の配分を多くし積極的な運用を目指す「アクティブコース」と、債券の配分を多くし安定した運用を目指す「バランスコース」の2種類から選べます。
購入手数料等の各種手数料は無料となっています。

dポイント投資は運用成果によってdポイントが増減します。時にはポイントが減ることもありますし、大きくポイントが増えることも期待できます。運用成果はdポイントで受取ります。

投資でポイントが増えたらどう使う?

dポイント投資で増えたポイントは、1ポイント単位でいつでも引き出しが可能で、通常のdポイントとして利用できます。

例えば、dポイント加盟店のローソンであれば1ポイント1円からお買い物に使えます。またドトールやスタバでは3000ポイントにつき3000円分、各店のカードへチャージができます。他にもJALのマイルへの交換、ギフトカードへの交換、雑貨・食品等、様々なサービスや商品との交換が可能です。

dポイント投資に向いている人は?

証券口座を開設することなく投資が始められることや、100ポイントつまり100円相当から、手元の現金を使わずに投資を始められる点から、投資初心者の方が投資を始める気軽なきっかけとして使うにはいいかと思います。
NTTドコモもdポイントを活用した投資体験サービスとの位置付けでサービスを開始しているようです。あくまでも、余ったポイントで投資体験として始めるのがいいでしょう。
dポイント投資のために余分な買い物をしてしまうような本末転倒なことにはならないようにご注意ください。

まとめ

dポイント投資のスタートキャンペーンとして2018年8月31日まで「ポイント投資もれなく100ポイントプレゼントキャンペーン」が打たれています。キャンペーン期間中にポイント投資を開始し、プレゼントポイントを受け取る時点でdポイント投資の運用が継続されていることが要件です。
投資を始めるハードルが低いという点が最大のメリット。せっかくの機会ですのでキャンペーンも押さえておきましょう。

寺野 裕子

11,309 views

てらのファイナンシャルプランニングオフィス代表 CFP ・1級FP技能士、投資助言業 2008年FP相談業務開始。2014年事務所運営スタイルを金融機関等か...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事