マネー初心者でもわかる!FXの特徴まとめ

FX

FXって、知っていますか? 言葉になじみはなくても、「今日の外国為替市場、1ドル=110円…」のようなニュースのフレーズはきっと聞いたことあるはず。FXは、円・ドル・ユーロなどといった、さまざまな通貨の値動きの力を使って利益を狙う投資です。
その特徴やメリット、注意点を紹介していきます。

まずはFXの特徴・メリットを押さえておこう

円、ドル、ユーロ、ポンド、元……世界にはさまざまな通貨があります。貿易や旅行などで、他の国などとお金をやりとりするときには、自分の国の通貨を相手の国の通貨に交換しなければいけません。
このときに使われる交換比率を為替レートといいます。為替レートは、日々変動しています。

FXは、この為替レートの変動を利用してお金を稼ぐ投資です。
たとえば、1ドル=100円のときに100万円でドル(1万ドル)を買って、1ドル=110円になってから売ると、1万ドル×110円=110万円ですから、10万円儲かることになります。
こうした、為替レートの変動による利益を為替差益といいます。

実は、このしくみは銀行の外貨預金と同じです。しかし、FXの場合は取引をするときにFX会社に一定の証拠金(保証金)を預けて行うところが違います。

FXには、外貨預金や他の投資にはない特徴やメリットがたくさんあります。ここからはFXの特徴・メリットと注意点をまとめて紹介します。

FXの特徴・メリット1:少ない資金で大きな取引ができる「レバレッジ」

FXは、FX会社に証拠金を預けて取引をするとお話ししました。実はそれによって、預けた証拠金より多くの金額の投資ができるようになります。これをレバレッジといいます。レバレッジは、日本語では「てこ」の意味です。少額でもたくさんのお金を動かせる、というわけです。

たとえば、10万円を外貨預金する場合、外貨も10万円分になります。しかし、FXの場合は10万円分証拠金を口座に入れることで、最大25倍、250万円分の外貨を取引できるようになります。これによって、利益を大きくすることが狙えます。

FXの特徴・メリット2:利息のような「スワップポイント」が毎日受け取れる

FXの利益は、為替差益だけではありません。銀行預金の利息のようなスワップポイントも受け取れます。

スワップポイントは、2つの異なる通貨間の金利の差額にあたるお金。たとえば、日本円とアメリカのドル(米ドル)では現状、日本円より米ドルのほうが金利が高い状態です。このときに金利が高い米ドルを買って(=日本円を売って)そのまま持っていると、米ドルの金利から日本円の金利を引いた金額がスワップポイントとして受け取れます。

銀行の金利がもらえるのは年2回程度ですが、スワップポイントは毎日受け取れるのもうれしいですね。

スワップポイントの仕組み

FXの特徴・メリット3:24時間取引できる

為替レートは平日ほぼ24時間、絶えず動いています。株式投資の場合、リアルタイムで投資できるのは9時〜11時半と12時半〜15時の5時間ですが、FXならいつでもリアルタイムで投資ができます

日中仕事や家事が忙しいなら夜に取引してもいいですし、早起きが得意な方なら朝に取引してもいいでしょう。自分の時間を見つけて取引できます。

FXの特徴・メリット4:どこでも取引できる

FXの取引は、スマホで簡単にできます。多くのFX会社は、自社で取引するためのアプリを提供しています。これを使えば、売買のボタンをタップするだけであっという間に取引完了。値動きをとらえて、さっと売買できます。もちろん、値動きを記録したチャートや、世界のさまざまなニュースなども参照できてとても便利です。

FXの特徴・メリット5:さまざまな「通貨ペア」で取引できる

FXで取引をする2つの通貨の組み合わせのことを通貨ペアと呼びます。取引のできる通貨ペアの数や種類はFX会社によって異なります。

上で紹介した「米ドル/円」の組み合わせもあれば「ユーロ/円」「豪ドル/円」「ポンド/円」のような通貨ペアもあります。さらには「南アフリカランド/円」「トルコリラ/円」といった普段あまり聞かないような通貨ペアや「ユーロ/米ドル」といった円以外の通貨ペアもあります。

FXの特徴・メリット6:手数料が外貨預金よりずっと安い

外貨預金やFXの取引には、手数料がかかります
大手銀行で外貨預金をすると、米ドルの場合1ドルあたり1円。米ドルを円に戻すときにも同じだけ手数料がかかりますので、もし100万円(1万ドル)で外貨預金をしたら、それだけで往復2万円もの手数料がかかってしまいます。
その点、FXの場合は1ドルあたり往復で0.2銭(0.002円)程度ですから、1万ドルなら手数料はわずか20円です。手数料は安ければ安いほど、利益も出しやすくなります。

FXの特徴・メリット7:円安でも円高でも利益が狙える

外貨預金では、為替レートが円安になる(たとえば、1ドル=100円が110円になる)ときに利益が出ます。しかし、これでは為替レートが円高になる(たとえば、1ドル=100円が90円になる)ときには損をしてしまいます。

為替レートが円高になるとき、外貨預金では対処できませんが、FXなら、今持っていない通貨を先に売る取引ができます。なんだか不思議な感じがしますが、
こうすると、円安のときに売って、円高になってから買い戻すことで、円高になるタイミングを生かして利益を狙えるのです。

NEXT:「FXの注意点」

頼藤 太希

(株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Mone...

プロフィール