仮想通貨とは?初心者にもわかるように仕組みや種類など基本情報を解説!

マネーケア

最近よく耳にする仮想通貨ですが、一体どんなものなのでしょうか。よく聞く言葉だし、ちょっと興味はあるけれど、今さら人には聞きづらいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずは仮想通貨の基本的な仕組みを知ることからスタートしましょう。

そもそも仮想通貨とはどんなもの?

仮想通貨とは、特定の企業や団体が発行している通貨です。通貨ではありますが、国家が発行しているものではなく、貨幣や紙幣という形で現実の世界には存在しておらず、インターネットの世界にデータとして存在しています。

仮想通貨に対応している店舗では支払いにも使えますので、買い物もできまますし、法定通貨が銀行口座での送金や受け取りができるように、仮想通貨もウォレットを使って送金や受け取りが可能です。

仮想通貨には、たくさんの種類があり、有名なビットコインやアルトコイン、そして、流出のニュースで有名になったネムなども、すべて仮想通貨です。

仮想通貨の仕組みとは?

仮想通貨の仕組みは実にシンプルです。仮想通貨の世界には、銀行にあたる金融機関はありません。ですので、仮想通貨は金融機関を介さずに、ネット上でやり取りができます。

仮想通貨をやり取りする際には、ウォレットが使用されます。ウォレットは銀行口座のようなもので、仮想通貨のデータがここに保管されています。仮想通貨のやり取りにはウォレットが必要で、ウォレットで仮想通貨を保管したり、やり取りしたりするために使います。

日本の取引所で扱っている仮想通貨の種類はどれくらい?

世界中にたくさんの仮想通貨がありますが、現在、日本の仮想通貨取引所で取り扱いがある仮想通貨は以下の10種類です。

・ビットコイン
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・リップル
・リスク(Lisk)
・ファクトム(Factom)
・ネム(NEM)
・ライトコイン(Litecoin)
・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
・モナコイン(mona)

もちろん、今後、他の仮想通貨が取り扱われるようになる可能性は高いので、種類は増えていくことが予想されます。

最も知名度が高いのは仮想通貨の先駆者のビットコインと仮想通貨のシェアで世界第2位のイーサリアムでしょう。ビットコイン、イーサリアムともにセキュリティレベルが高いという特徴があります。

ビットコインとほぼ同じ仮想通貨として、ライトコインがあるのですが、ライトコインは過去に一度も不正がなかったという信頼性が高い仮想通貨です。そして、ビットコインの欠点だった決済スピードの問題を解決したのが、ビットコインキャッシュです。

大きな特徴として、ビットコインは純粋な仮想通貨ですが、イーサリアムは証券、債券、先物、不動産などの情報をブロックチェーンに保管できるという、ビットコインにはない特徴があります。このイーサリアムから派生したのがイーサリアムクラシックで、仕組みはほぼ同じです。

Googleがプロジェクトに参加していることで有名なリップルは、決済スピードの速さが特徴で、マイクロソフトがプロジェクトに参加しているリスク秘匿性の高さに定評があります。また、マイクロソフトは文章の保管ができるファクトムとも提携しています。

流出騒動で知名度が上がったネムは、頻繁にネムを使う人に利益を再分配するという画期的な仕組みで注目されていますし、日本発祥のモナコインは公平性が高いことが特徴です。

仮想通貨の仕組みを理解したら少額から取引に挑戦してみよう!

初心者におすすめの取引所
仮想通貨の仕組みを理解して、購入する仮想が決まってウォレットの用意もできたら後は取引所で仮想通貨を買うだけです。日本の仮想通貨取引所の中でも特におススメの取引を3つご紹介します。

・ビットフライヤー
ビットフライヤーは、国内シェア1位の仮想通貨取引所です。初心者でも使いやすく説明もとても丁寧です。仮想通貨投資を始める際のメインの取引所として使用されることも多く、初心者から仮想通貨のプロフェショナルまで幅広い方に利用されている取引所です。

・GMOコイン
GMOコインは安全性が高く手数料が安い取引所です。GMOインターネットグループが提供しているという安心感と、セキュリティ面での安心感が魅力です。サポート体制が整っており、初心者の方にオススメです。

・QUOINEX
QUOINEXの特徴は、リップルなどたくさんの仮想通貨を取り扱っていることです。たくさんの種類の仮想通貨に投資したいという方から人気があります。セキュリティ面でも定評があります。

取引に慣れるためにしまず少額から
仮想通貨の取引は、現金で仮想通貨を購入するという方法です。仮想通貨は買い物以外にも投資目的で所有されることも多いのですが、当然、損失を出してしまうリスクはあります。初心者の場合は、まずは少額の取引からスタートして徐々に慣れていくようにしましょう。

まとめ

仮想通貨とは、インターネットの世界にデータとして存在する通貨のことです。貨幣や紙幣のようにモノとして現実の世界には存在していませんが、対応している店舗などで支払いに使用できますし、投資目的で所有することもできます。

仮想通貨の取引にはリスクがつきものです。初心者の方は、まず、少額からスタートして、徐々に慣れてから取引額を増やしていきましょう。

ワザモノ編集部

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事