マンション投資の仕組み・メリットとは

特集

実は少額資金で始められるマンション投資。
不動産のイメージだと、多額の資金が必要に思われる中、なぜ少額資金でも始めることができるのか。まずはその仕組みからご説明します。

例えば、2500万円のマンション一室を35年ローンで購入するとします。ローン返済は金利を含めて月々8万円で、修繕・管理費1万円と合わせて月に9万円を払っていく形になります。

2500万円のマンション一室をローンを組んで購入すると、金利分を含めて総額3780万円支払うことになります。

しかし、投資での購入では購入したマンションを賃貸に出すため、入居者からの家賃収入が得られ、自己負担額は差額のみになります。
家賃収入が月8.5万円入ってくると差額が0.5万円に。リスク無しの架空の話しになりますが、0.5万円を35年間払うと、合計で210万円になります。
総支払いが210万円に対して、資産価値2500万円のマンションを手にするというのが基本的な仕組みです。



マンション投資にかかる0.5万円を、銀行に預けてみるとどうでしょうか。
払込金額は35年で210万円、そこに定期預金の利率0.025%の金利がついた場合、210万9,236円と金利が低いため、微小な増加にしかなりません。

一方マンション投資の場合、35年間で210万円を払い、ローンを完済させ売却した場合、物価が上がり購入した金額の120%で売れれば3000万円に。値上がり、値下がりせず100%の価格で売れれば2500万円、50%の値下がりをしてしまっても、1250万円となり、払い込んだ金額の210万円を引いても、手元に1000万円ほど残る形となります。

つまり、毎月0.5万円の積立でも大きな効果が得られることができます。

マンション投資を行う際、ローン申込みと同時に「団体信用生命保険」に加入する事になります。
この団体信用生命保険とは住宅ローンや投資用ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う保険です。

例えばローンを組んでから20年経った時に万が一の場合、ご家族の方に残り15年分のローンが残ることはなく、家賃収入が入ってくる無借金の不動産を残すことができます。売却して現金化することもできるので、その時の状況に応じてそのまま持ち続けるのか、売却するのか、選択することができます。

積立としても有効できる月々0.5万円の投資で、死亡保障のついた保険に加入するということです。


マンション投資が私的年金になるとはどういうことでしょうか。

マンション投資の一番のメリットが、ローン完済後の家賃収入です。
仕事をリタイアしたタイミングに返済時期を合わせれば、老後の生活を年金や貯金の切り崩しだけでなく、プラスアルファの収入源として家賃収入を得ることができます。

一般的な個人年金保険と比較してみると、35年間の積み立て金額は同じですが、35年後からの受け取り額は、個人年金とマンション投資で、750万円もの差があります。
更に個人年金保険の場合、年金給付に期限があるため、途中から受け取れなくなってしまいますが、マンション投資ではそのような心配はなく、継続して受け取ることが出来ます。

アンケートキャンペーンでの結果は以下となりました。
ご参加、ありがとうございました。

moneliy編集部

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投...

プロフィール

関連記事一覧